デスクトップの作業スペースを拡張する

複数のappを起動していると、デスクトップが散乱してしまい、作業効率が著しく低下してしまうことがあります。
Mission Controlを使用することで、複数の作業スペースを使用できるようになります。これによって「作業用」「情報収集用」「検証用」など作業スペースを分けて考えることができ、非常に便利です。

161013_01.png
起動方法は複数あります。
・Dock、もしくはLaunchpadからMission Controlのアイコンをクリックする

161013_02.png・Magic Mouseの表面を2本指でダブルタップする
・キーボード [F3] キーにMission Controlのアイコンが記載されている場合、[F3] キー(反応しない方は、同時に [fn] キー)を押す
・[control] キー + [↑] 矢印キーを押す
・Multi-Touchトラックパッド、またはMagic Trackpadで3本指または4本指で上にスワイプ
・(OS X El Capitan)作業中ウインドウを画面上部にドラッグする

すると、このような画面が表示されます。
「デスクトップ2」と書かれた画面が表示されていますが、ここを新しく作業スペースとして使用できます。

161013_03.png
「デスクトップ2」をクリックすると、作業スペースに移動できます。

161013_04.png
例えば、「デスクトップ1」で開いている書類を「デスクトップ2」に移動させたい場合、移動させたいウインドウをドラッグ>画面右上にカーソルを持っていくと、「デスクトップ2」に移動できます。

161013_05.png
161013_06.png
同様に「デスクトップ2」から「デスクトップ1」に戻したい場合はウインドウをドラッグ>画面左上にカーソルを持っていくことで戻すことができます。

また、「デスクトップ2」で新しくappを使用したい場合は、「デスクトップ2」上で通常通り起動することもできます。


弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top