Mac を Wi-Fi アクセスポイントとして使用するにはどうすればいいですか?

Mac のインターネット接続を共有するように設定すると、Mac を Wi-Fi アクセスポイントとして動作するようにできます。
これにより iPhone / iPad などの他のデバイスは、設定済みの Mac を介してインターネットに接続できます。

※セキュリティの観点から実際に設定を行う前に、システム管理者様にインターネット接続を共有することの是非を必ず確認してください。


●ここでは Ethernet ポートでインターネットに接続している Mac を介して、Wi-Fi で iPhone をインターネットに接続することにします。

1.「共有」システム環境設定を開きます。

60551-1.png


2.「共有する接続経路:」ドロップダウンメニューで、Mac がインターネット接続に使用しているネットワークポートを選択します。

今回のケースでは「Ethernet」を選択することになります。


3.「相手のコンピュータでのポート:」リストで、他のデバイスがインターネット接続に使用する予定のネットワークポートの「入」チェックボックスをクリックします。

今回のケースでは「Wi-Fi」を選択することになります。


4「Wi-Fi オプション...」ボタンをクリックして、Macが作成する Wi-Fi ネットワークの「ネットワーク名:」などを設定します。

ここで作成した Wi-Fi ネットワークに iPhone を接続することになります。

※「セキュリティ:」ドロップダウンメニューは「WPA2 パーソナル」に必ず設定してください。

60551-2.png

5.「サービス」リストで、「インターネット共有」の「入」チェックボックスをクリックします。


6.iPhone で「Wi-Fi」設定を開き、「4.」で作成した Wi-Fi ネットワークを選択して、パスワードを入力して接続します。

60551-3i.png



参考「macOS Sierra: Mac 上のインターネット接続を共有する(Appleサポート)」


弊社保守契約
をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top