ゴミ箱を空にしようとすると、異常に時間がかかります

ゴミ箱を空にしようとしたときに異常に時間がかかる場合には、「確実にゴミ箱を空にする」オプションがオンになっていないかを最初に確認してください。

Finder 環境設定の「詳細」タブで「確実にゴミ箱を空にする」がオンになっているとき、データリカバリアプリケーションや専門業者によっても書類を復元できないように、時間をかけて入念に書類を削除します。そのため削除する項目が多い程、削除が完了するまでに時間がかかります。

ヒント : OS X El Capitan v10.11.x 以降では「確実にゴミ箱を空にする」オプションがなくなりました。

047_3のコピー.png

もし「確実にゴミ箱を空にする」がオフになっているときや、OS X El Capitan v10.11.x 以降で起動しているMacのときには、ハードディスク/SSDの不具合の可能性があります。ディスクユーティリティの「First Aid」機能で、ハードディスク/SSDの不具合の有無をご確認ください。



参考「MacのためのDisk Utility: 「ディスクユーティリティ」を使用してディスクを修復する(Appleサポート)」


弊社保守契約
をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

Mac」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top