「連係機能」とはどういう機能ですか?

お客様がMacとiOSデバイスの両方を所有していて、かつそれらが互換性のあるデバイス/OSであると、MacとiOSデバイスの両方を"連係"して使用することで、特定の操作の手順をより簡単に進めることができます。

 

ここではどのような操作が行えるのかをご紹介します。


 

◯Handoff

MacとiOSデバイスが近くにある時に、「メール」や「Safari」など、主にApple製のアプリケーションでの作業内容をデバイス間で引き継ぐことができます。

 

例えばiOSデバイスの「メール」で新規メールを書いている途中に連係機能を使用すると、iOSデバイスの「メール」で保存しなくても、Macの「メール」で書きかけのメールが開き、メールの続きを書くことができます。

 

 



◯電話をかける/電話に出る

MacとiPhoneが同じWi-Fiネットワークに接続されていると、iPhoneの携帯電話契約を利用してMacから電話をかけたり、電話に出たりすることができます。

 

これによりiPhoneを多少離れた場所に置いていても電話することができます。

 

Macで電話しようとすると、そのままではスピーカー通話をすることになりますから、Apple EarPods with Remote and Mic などを合わせて使用すると良いでしょう。

 

 



◯SMSを送信する/受信する

iPhoneの携帯電話契約を利用してMacからSMSやMMSを送信したり、受信することができます。

 

これにより送信先が従来の携帯電話やiPhone以外のスマートフォンであっても、Macから「メッセージ」を使用してチャットが行えます。

 

 



◯Instant Hotspot

iPhoneやiPadのインターネット共有機能(一般には"テザリング"と呼ばれます)を、Macを操作してオンにすることができます。

 

 

 

 




参考「連係機能を使って iPhone、iPad、iPod touch、および Mac を接続する(Appleサポート)」

 


弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

お役立ち知識」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top