・iPad のホーム画面のアイコンが浮いたように見えます。

・Mac の「視差効果」とはなんですか?


視差効果とは、iPad 上で画面に奥行きを与えるように表示したり、Mac の Mission Control でデスクトップやウインドウを切り替えるときの動きなどに使われている効果のことです。
この機能を有効にすることで、より立体的な表示や、美しい動きが表現できます。
しかし、この機能によって画面の操作がしにくく感じる場合や、ウインドウやスペースなどを素早く切り替えたい場合は、機能を停止することもできます。

 

参考「Macで画面の視差効果を減らす(Apple サポート)」

参考「iPhone、iPad、iPod touch で画面の視差効果を減らす(Apple サポート)」

 

関連「Mac でウインドウを切り替える時の動き(モーションエフェクト)や、フルスクリーンへの切り替えを素早くしたい。【視差効果】

関連「iPad で操作していると画面が揺れるような感じがするので、通常の画面表示に設定したい。【視差効果】

 

「サポート FAQ(よくある質問)」はデザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社の株式会社 Too が運営しています。

弊社保守契約をご契約いただきますと、その他のご相談も承れます。是非ご検討ください。

この内容は問題解決に役立ちましたか?

はい   いいえ

記事を作成する際の参考とさせて頂きますので、回答をお願いします。

さ行」の関連記事

本記事で提供する情報の正確性・妥当性につきましては細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではありません。また、本記事やリンク先の情報の利用によって不具合や不都合、損害が生じた場合について、当社は一切の責任を負うものではありません。
本記事の内容は掲載時における情報であり、時間の経過により実際と一致しなくなる場合があります。

page top