Adobe Sign 電子契約・署名サービス

ドキュメントプロセスの生産性向上と
法的有効性を両立する
電子サインプラットフォーム
  • 年間80億件以上の署名実績
  • 場所やデバイスを問わず利用可能
  • シンプルで使いやすい
  • 業務プロセスの効率化と可視化
  • 既存システムとの高い親和性
  • 法的有効性

場所やデバイスを問わない、迅速かつ安全な署名ワークフロー

扱い慣れたPDFでの電子書名を

Adobe Signは、文書の送信から署名の取得、トラッキングと管理までを、一度も紙に出力することなく100%デジタルのワークフローで実現できます。署名者は、新たにソフトウェアを用意することなく、ブラウザーやモバイルアプリで文書を表示し、すばやく署名を行うことが可能。契約書などの文書はセキュアなクラウドストレージに保管され、署名や履歴の管理がおこなえます。

紙ベースの業務プロセスを電子サインでデジタル化

時間のかかる承認・決済プロセスや煩わしい文章管理など、紙ベースの業務プロセスをデジタル化し効率を上げることで、生産性が高まり、企業競争力の強化につなげます。

契約書の管理を効率化

業務プロセスを見える化します

時間のかかる承認・決済プロセスや煩わしい文章管理など、紙ベースの業務プロセスをデジタル化し効率を上げることで、生産性が高まり、企業競争力の強化につなげます。

契約コストを削減

印紙代や送料がかかりません

電子契約では、印刷、収入印紙代や、契約書のやりとりにかかる送料が不要です。多くの契約書の締結が発生する企業では、大幅なコスト削減ができます。

契約時間を節約

押印や郵送の必要がありません

時間のかかる承認・決済プロセスや煩わしい文章管理など、紙ベースの業務プロセスをデジタル化し効率を上げることで、生産性が高まり、企業競争力の強化につなげます。

数日かかっていた署名プロセスが、数分で完了

Adobe Signなら、数回のクリックで電子サイン用の文書を作成し、送付できます。文書への署名と返信も、デバイスを選ばず、わずか数分で完了。一連の手順の進行状況も常に把握できます。

電子メールのように手軽に送信

署名する順番に沿って署名者の電子メールアドレスを指定し、電子サインや他の情報の入力ようフィールドを作成して「送信」をクリック。とても簡単です。

簡単な操作だけで署名が完了

署名の依頼メールを受け取ったら、デスクトップPCやモバイルデバイスでリンクをクリックすることでブラウザーが起動します。時間のかかるダウンロードやアカウント登録は不要です。

進行状況はいつも明確

文書の閲覧や署名がおこなわれると、すぐに通知が届きます。署名の期限が近くなると自動アラートが知らせてくれます。依頼先に署名を促すリマインダーが送られます。

自動的にアーカイブ

一連と処理手順は全て記録に残ります。署名済みの文書は関係者全員に送付され、監査証跡を含めてオンラインまたは指定のリポジトリに保管されます。

Adobe Signをお勧めする理由

信頼性の高いアドビ社のソリューション

年間60億以上の電子サインおよび電子署名を処理している、PDFの開発メーカーであるアドビ社製のソリューションです。 株式会社Tooは「アドビ正規販売代理店 プラチナリセラー」です。

シンプルで驚くほどの使いやすさ

Adobe Signは、署名を依頼する側も、署名をする側も、簡単に使い始めることができます。わずかなステップと操作で、いつでもどこからでも文書の送信、署名、閲覧がおこなえます。署名はウェブブラウザー上でおこなえるので、特定のアプリは不要です。

法的に有効な電子サイン

Adobe Signは、幅広い法的要件に準拠し、日本だけでなく、さまざまな国や地域でのコンプライアンスを担保。米国のESIGN ActやEUのelDas規制などの電子サイン法に準拠しており、HIPAA、FERPA、GLBAといった業界特有のセキュリティ要件にも対応します。

国内に信頼性の高いデータセンター

日本を含む世界各地にデータセンターを設置し、高度な性能と信頼性に裏打ちされた基盤の上で運用。ISO270001、SSAE SOC 2 Type PCI DSSへの準拠の認定を受けるなど、業界標準のセキュリティ対策でお客様の文書、データ、個人情報を保護します。

主要なビジネスシステムとの連携

Adobe Signは、お客様の組織で既にお使いのシステム、プロセス、アプリケーションに簡単に追加できます。
Box、Dropbox、Salesforceなどの主要なアプリケーションとAPIを通じての連携が可能です。

モバイル活用でビジネスを止めない

Adobe Signモバイル版アプリを使えば、外出先でも署名用文書を送信し、リアルタイムで更新される処理状況をトラックできます。署名はデバイスを問わず、ウェブブラウザーを使って数分で完了します。

AdobeSign導入支援サポートメニュー

内容 実施時間
管理者向け講習
  • 管理画面説明/製品サポート説明(30分)
  • ユーザー/グループの登録手順説明(30分)
  • アカウント設定概要説明(30分)
  • 署名依頼送信フロー説明(30分~)
  • Q&A(30分~)

2~3時間程度

送信フロー作成講習
  • ユーザー登録手順の説明(15分)
  • 署名依頼送信フロー説明(15分)
  • Webフォーム作成フロー説明(15分)
  • 文書テンプレートの作成方法説明(30分)
  • Megaサイン、ワークフローデザイナー機能紹介(15分)
  • Q&A(30分)

2時間程度

※送信フロー作成講習のみの受講はできません。管理者向け講習の追加講習として提供となります。

  • 講習は弊社デモ環境での実施となります。お客様環境での講習を行う場合はトランザクションを消費することになりますのでご了承ください。
  • 使用マニュアルなどのドキュメントは含まれません。必要な場合は別途ご相談ください。
  • 遠方への交通費につきましては別途実費となります。 ※お客様のユースケースに沿ったテンプレート/ワークフロー作成支援が必要な場合は別途ご相談ください。

製品のご購入

購入プラン(価格)

ハンコ文化からの移行

在宅勤務の社員を、捺印するために出社させるのは
もうやめにしましょう

テレワークや在宅勤務がすすんでいる中で、ハンコを押すために出社しているという声が多く聞かれます。 これまで日本の商習慣ではハンコ文化が根強くありましたが、コロナ禍の中で、政府も脱ハンコを急ぐという方針を示しています。ハンコは本人確認や意思表示の手段として使われてきましたが、電子署名での代替が進んできています。

Adobe Signは世界で年間60億以上の電子サイン、電子署名を処理しています。日本でももちろん電子署名の法的有効性はあります。
ご興味がございましたら、ぜひアドビ正規代理店 プラチナリセラーの株式会社Tooまでお問い合わせください。