アニメ制作技術の総合イベント「あにつく 2020」講演内容

3DCGアニメを「つくる人」「 つくりたい人」「たのしむ人」
みんなに役立つ!

アニメ制作技術の総合イベント

あにつく2020

あにつくは、これからのアニメ制作を目指す次世代、アニメファンの方々までを対象に、アニメを作る楽しさと、その手法として2D作画ソフトの運用や3Dアニメーション技術の紹介から、作品のメインキングとマーケットアピール、人材発掘、育成までを目的としたアニメ制作技術に関する総合イベントです。

「ぼくらが支える日本のアニメ」

毎年たくさんのお客様にご来場いただいている「あにつく」ですが、
今年初めてオンライン開催することに決定しました!

「withコロナ」の新時代において、アニメ制作現場では
どのような工夫をしながら作品を生み出しているのか?
制作を支える最先端技術や制作テクニック、 各プロダクションの特色など、
今だからこそ聞きたい内容をお届けします。

イベント概要

イベント名

あにつく2020オンライン

主催

株式会社Too

日時

2020年9月25日(金)~9月27日(日)

会場

オンライン(事前申し込み制)

参加料金

無料

PCやスマートフォン、タブレットでご覧ください。
内容は変更になる場合があります。

新着情報

2020.9.11 神戸電子専門学校さまのセミナーを追加しました。
2020.9.8 アニマさまとサンジゲンさまのセミナー時間が変更になりました。
2020.9.1 Webにて申込受付を開始しました
 
25日 公開日時 登壇企業 内容
前夜祭 18:00~
26日 公開日時 登壇企業 内容
1 13:00~14:00
2 14:15~15:15
3 15:30~16:30
4 16:45~17:45
27日 公開日時 登壇企業 内容
5 13:00~14:00
6 14:15~15:15
7 15:30~16:30
8 16:45~17:45
25日
前夜祭18:00~

有名アニメCGプロダクション3社の代表取締役にここでしか聞けない各社の取り組みや展望を語っていただきます!

・コロナ化での各社の取り組み
・最近のアニメ業界における変化
・今後アニメ業界に求められる人材
・今後の展望とアニメ作品や業界の未来
笹原 晋也 氏
株式会社アニマ 代表取締役
1973年石川県生まれ。
ゲーム開発会社数社でCGアーティストとして様々な作品制作に携わった後、2003年に株式会社アニマの代表取締役に就任。
アーティスト出身ながらも数字に重きを置くマネジメントにこだわり、「世界に通用するCGアニメーション制作」を視野に入れながらゲームなどのインタラクティブな分野の拡大とオリジナル案件の開発=「原作づくり」に力を入れている。
松浦 裕暁 氏
株式会社サンジゲン 代表取締役
1972年福井県生まれ。
2006年に株式会社サンジゲンを設立。
2013年10月『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』でTVシリーズでのフル3DCG作品の制作に挑戦。
2011年に「株式会社ウルトラスーパーピクチャーズ」を設立。
クリエイティブとビジネスの両面から日本のアニメを見据え、正しくものづくりをして市場を広げることの実現に意欲的に取り組んでいる。
塩田 周三 氏
株式会社ポリゴン・ピクチュアズ 代表取締役
上智大学法学部国際関係法学科卒業。
1991年 新日本製鐡株式會社入社。1997年 株式会社ドリーム・ピクチュアズ・スタジオ立ち上げに参画後、1999年 株式会社ポリゴン・ピクチュアズ入社。2003年代表
取締役に就任し、海外マーケット開拓に注力。TVシリーズ制作や海外市場をターゲットにしたコンテンツ企画開発を実現する。一方で、Prix Ars Electronica(オーストリア、SIGGRAPH(米)などの国内外映像祭の審査員を歴任し、2008年には、米国アニメーション専門誌 Animation Magazine が選ぶ「25 Toon Titans of Asia(アジア・アニメーション業界の25傑」の一人に選定された。
2016年のアヌシー国際アニメーション映画祭では審査員を務める。米国育ち、趣味はバンド活動。
株式会社アニマ
ハイクオリティなCG映像を中心に、オリジナル作品も手掛けるアニメーションスタジオです。
ゲームグラフィック専門のチーム編成や地方スタジオの設立等、幅広い制作体制が整っており、海外からも案件を受託しています。
Netflixとの包括的業務提携の締結(2019)やANIMAオリジナル作品出版プロジェクトの始動(2020)など、多角的に進化を遂げています。
株式会社サンジゲン
2006年設立。
3DCG・撮影・編集等を請け負うデジタルパートと、自社フルCG作品や元請け制作のメインパートの両面を兼ね備えた次世代におけるアニメーション制作会社。新しいアニメ映像の開拓とワークフローに精力的に取り組んでいる。
代表作は『蒼き鋼のアルペジオ』『バンドリシリーズ』『新サクラ大戦』など。
株式会社ポリゴン・ピクチュアズ
1983年7月の設立以来、「誰もやっていないことを 圧倒的なクオリティで 世界に向けて発信していく」ことをミッションに掲げ、先端的なエンタテインメント映像の製作を手がける国内最大手のデジタルアニメーションスタジオです。代表作は『GODZILLA 怪獣惑星』『シドニアの騎士』『亜人』『BLAME!』『ピングーin ザ・シティ』など。詳細は、http://www.ppi.co.jp をご覧ください。
26日
113:00~14:00

テレビシリーズは多くのスタッフと協力しあって制作していきます。
サンジゲンではほとんどの工程を社内で行なっており、コスト管理を徹底的に行っています。
予算、スケジュール、クォリティに密接にかかわる「人員采配」を、サンジゲンの実績をもとにお話したいと思います。
松浦 裕暁 氏
株式会社サンジゲン
代表取締役
1972年福井県生まれ。
2006年に株式会社サンジゲンを設立。
2013年10月『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』でTVシリーズでのフル3DCG作品の制作に挑戦。
2011年に「株式会社ウルトラスーパーピクチャーズ」を設立。
クリエイティブとビジネスの両面から日本のアニメを見据え、正しくものづくりをして市場を広げることの実現に意欲的に取り組んでいる。
214:15~15:15

アニメーションおよびフェイシャルリグについて

  • 太田垣先生のキャラクターを表現する為の表現手法の解説
  • オルタードカーボンのアニメーションスタイルの説明
  • フェイシャルリグの説明

ビジュアルおよびショット作業について

  • キャラクターに使用したシェーダーとラインについての解説
  • 背景制作に役立てたイメージボードの紹介
  • ショット制作におけるアニマのパイプラインの紹介
  • ショットのライティングとコンポジットについて、実際に使用したデータを用いた解説
田中 剛 氏
株式会社アニマ
アニメーションデパートメントマネージャー
ゲーム会社でキャリアをスタートし、複数のゲーム会社と映像会社を経て2017年にアニマへ入社。アニメーションデパートメントマネージャー&アニメーションSVとして業務にあたっている。
三山 一男 氏
株式会社アニマ
ライティングスーパーバイザー
名古屋の専門学校卒業後、2005年にアニマへ入社。ジェネラリストとしてキャリアをスタートし、現在はライティングSVとして様々な案件に携わっている。
315:30~16:30

©

2020年9月17日より全世界独占配信された、Netflixオリジナルアニメシリーズ『ドラゴンズドグマ』のメイキングを解説致します。
須貝 真也 氏
川口 隆浩 氏
伊藤 諒 氏
杉 英人 氏
416:45~17:45

Unreal Engine4とBlender、どちらのツールも殆ど実績の無いチームが、なぜこの体制で制作しようと思い、どのようにしてCM映像を完成させたのか、アニメ映像制作者の視点でやわらかく解説します。
堀内 隆 氏
株式会社グラフィニカ
映像ディレクター
アニメ映像制作者の視点ニメ映像制作者の視点ニメ映像制作者の視点ニメ映像制作者の視点

最近の参加作品:
劇場アニメ「HELLO WORLD」VFX
27日
513:00~14:00

ABCテレビ・テレビ朝日系列にて毎週日曜あさ8時30分~現在放送中の「ヒーリングっど♥プリキュア」エンディングCGダンスのメイキング解説と公開1か月後に迫った『映画 プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』(10/31土曜日公開)を告知します。

野島 淳志 氏
東映アニメーション株式会社
デジタル映像部 プロダクションマネージメント室 課長 兼 CGプロデューサー
1979年 東京都生まれ 栃木県出身 CGプロダクション2社を経て2013年東映アニメーション入社。
入社以来、「プリキュア」シリーズを中心に多数のアニメ作品のCGプロデューサーを務める。

主な参加作品
『機動戦士ガンダムAGE』(3DCG制作)
『ONE PIECE 〜アドベンチャー オブ ネブランディア〜』CGプロデューサー
『映画 プリキュアドリームスターズ!』CGプロデューサー
『Petit(プチ)☆ドリームスターズ!レッツ・ラ・クッキン?ショータイム!』CGプロデューサー
『映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』CGプロデューサー
『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』CGプロデューサー
大曽根 悠介 氏
東映アニメーション株式会社
CGディレクター
1986年 茨城県生まれ。2018年に東映アニメーションデジタル映像部へ入社。
『ドラゴンボール超 ブロリー』にて主に作画に絡む3D部分のシーケンスディレクターを担当。

主な参加作品
『映画 プリキュアミラクルユニバース』CGディレクター
『映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』CGディレクター
TVシリーズ「ヒーリングっど♥プリキュア」CGディレクター
『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』CGディレクター
中村 有希恵 氏
東映アニメーション株式会社
リードCGアニメーター
12014年から東映アニメーションに在籍。
多数の「プリキュア」シリーズを中心に、「美少女戦士セーラームーンCrystal」「正解するカド」「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」などにレイアウトからキャラアニメーションまでを手掛けるCGアニメーターとして参加。

主な参加作品
TVシリーズ「Go!プリンセスプリキュア」バンク CGアニメーター 
TVシリーズ「魔法つかいプリキュア!」前期・後期エンディング CGアニメーター
『映画プリキュアドリームスターズ!』CGアニメーター 『映画 HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』CGアニメーター
TVシリーズ「ヒーリングっど♥プリキュア」前期エンディング リードCGアニメーター
『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』リードCGアニメーター
614:15~15:15

「ケンガンアシュラ」は何故、CGで作られたのか?
CG制作のこだわりをモデリング、アニメーション、コンポジットの3部に分けてお伝えします!
池口 裕児 氏
exsa株式会社
CGプロデューサー
1986年 生まれ 和歌山県出身
2015年 exsa株式会社 入社
入社以来、アニメ作品を中心にCGプロデューサー、CGプロダクションマネージャーを務める。
齊藤 博一 氏
exsa株式会社
モデリングディレクター
970年 生まれ 千葉県出身
2011年 exsa株式会社 入社
特撮の学校を卒業後、コンサート美術制作会社、ゲーム制作会社を経て現在、exsa(株)にてモデリングディレクターを務める。
ケンガンアシュラでは3Dモデルのディレクターを担当。

主な参加作品
モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ
BanG Dream! TVアニメシリーズ
新サクラ大戦 the Animation
山﨑 雄太 氏
exsa株式会社
コンポジットディレクター
1989年 生まれ 福岡県出身
2013年 exsa株式会社 入社
アニメやゲーム、遊技機等、多くのジャンルにおいてコンポジットやエフェクトなどを担当。

主な参加作品
モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ
Wake Up, Girls! 新章
遊技機コンポジット業務全般
福島 涼太 氏
ラークスエンタテインメント
CGディレクター
1979年 6月生まれ
2007年 ラークスエンタテインメント入社
ケンガンアシュラではCGディレクターを務めた。

主な参加作品
モンストアニメ(1期)の他、ここ10年程は遊技機等のCGアニメを主に担当
西入 俊雄 氏
ラークスエンタテインメント
CGディレクター
1978 3月生まれ
2008 ラークスエンタテインメント入社
ケンガンアシュラではCGディレクターを務めた。

主な参加作品
獣旋バトル モンスーノ
がっこうぐらし!
ドロヘドロ#4(CGアニメーションディレクター)
715:30~16:30

「宇崎ちゃんは遊びたい!」の監督、キャラクターデザイン&総作画監督による作品制作談話
©2020 丈/KADOKAWA/宇崎ちゃん製作委員会
https://uzakichan.com/
三浦 和也 氏
株式会社ENGI
デジタル作画部所属 ディレクター
動画、原画、作画監督を経て演出に「サンライズ勇者シリーズ」原画
「スラムダンク」「サイボーグ009平成版」等 作画監督
「旗揚!けものみち」「宇崎ちゃんは遊びたい!」監督
2020年現在 ENGIにて表現の可能性を模索中
栗原 学 氏
株式会社ENGI
デジタル作画部所属
「宇崎ちゃんは遊びたい!」キャラクターデザイン
816:45~17:45

アニメータードラフト会議の上位常連校である神戸電子専門学校のBrushup(クラウドフィードバックツール)を使用した指導の秘密をCGプロダクション、サンジゲンが聞き出します。
山本 梓司 氏
神戸電子専門学校
3DCGアニメーション学科 学科長
田中 佑弥 氏
神戸電子専門学校
3DCGアニメーション学科 アニメーション担当教員 
松岡 秀樹 氏
神戸電子専門学校
業界連携グループ プランナー 
瓶子修一 氏
株式会社サンジゲン
取締役
主催
株式会社Too
お問い合わせ先
デジタルメディアシステム部
E-Mail dms@too.co.jp
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル
後援
CG-ARTS
ポートフォリオ ドラフト会議同時開催中!