「PDFについて、あなたが知っていることはどれくらいあるでしょうか?」Acrobatセミナー「あなたが知らないPDFの世界」(無料)を2019年1月29日(火)名古屋で開催 | ニュースリリース | 会社情報 | 株式会社Too

「PDFについて、あなたが知っていることはどれくらいあるでしょうか?」
Acrobatセミナー「あなたが知らないPDFの世界」(無料)を2019年1月29日(火)名古屋で開催

2019年1月 9日

クリエイティブ市場の総合商社・株式会社Too(本社/東京都港区虎ノ門3-4-7、社長/石井剛太、資本金/1億円)は、Acrobatセミナー「あなたが知らないPDFの世界」(無料)を、2019年1月29日(火)名古屋で開催します。

PDFについて、あなたが知っていることはどれくらいあるでしょうか?

たとえば、「ISOに準拠していて、この先何十年も信頼性のあるデータであり、長期にわたって管理できること」「エクセルやワードで作られたデータをPDF上でそのまま編集できること」「PDF上で、作成中のデータのレビューのやりとりができること」など。
これらはすべて、アドビのPDF編集ソフト「Adobe Acrobat DC」でできることです。
他にもさまざまなPDF閲覧ソフトや編集ソフトがありますが、機能やセキュリティなど、総合的にみてAcrobat DCを選ぶ企業様が増えてきています。

とはいえ、その他ソフトとどこがどう違うの? という方もいらっしゃると思います。
今回のセミナーでは、なぜPDFにはAcrobat DCなのか?を解説しつつ、実際の導入事例の紹介や、豊富な機能の一部をデモでご説明します。
またあわせて、CanonのクラウドサービスuniFLOW Onlineで可能になる「印刷コスト削減」「柔軟な印刷環境」「モバイルを活用した業務効率化」をご紹介します。
この機会にぜひお越しください。

セミナー開催概要

■タイトル

Acrobatセミナー
「あなたが知らないPDFの世界」

■日時

2019年1月29日(火)
14:00 - 16:00(受付開始 13:30)

■会場

キヤノンマーケティングジャパン 名古屋支店
名古屋市中区錦1-11-11 名古屋インターシティ18階

■内容
●第一部(1時間30分)「PDFとは?Acrobat DCとは?」

講師:アドビ システムズ株式会社 荒川 涼子 氏
「PDFとは?」という基本的なところのご説明から、なぜPDFにAcrobat DCが選ばれるのかの理由を、セキュリティ面や機能面、導入事例からご説明します。
また、Acrobat DCを使った、日常のちょっとしたお困りごとを解決する便利機能をご紹介します。
未導入の方も導入済みの方も、「こんな便利な機能があったんだ!」という発見があるような内容となっています。

●第二部(20分)「PDF活用シーンのご紹介」

講師:キヤノンマーケティングジャパン株式会社
imageRUNNER ADVANCEとクラウドサービスの接続を実現する印刷管理ソリューション、uniFLOW Onlineのご紹介をします。
展示と連動していますので、ぜひ合わせてご確認ください。

◯展示同時開催!

当日は、オフィスツアー・展示・デモ会を同時開催いたします。
詳細は弊社営業にお問い合わせください。

※プログラム内容、講師は都合により予告なしに変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

■定員

30名

■受講料

無料(事前申込制)

■主催

株式会社Too

■協力

アドビ システムズ株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

■セミナーお申し込み及び詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.too.com/event/y2019/acrobat1901/

同件に関するお問い合わせ先

株式会社Too マーケティング部
E-Mail too-event@too.co.jp
TEL 03-6757-3123 FAX 03-6757-3124
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル

会場に関するお問い合わせ先

株式会社Too 名古屋支店
E-Mail too-nagoya@too.co.jp
TEL 052-238-0777 FAX 052-238-0778
〒460-0008 名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク ビジネスセンタービル11F

報道関係の皆様からのお問い合わせ先

株式会社Too マーケティング部
E-Mail pr@too.co.jp
TEL 03-6757-3123 FAX 03-6757-3124
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル

※Tooは、株式会社Tooの登録商標です。
※その他の登録商標及び商標は、所有者に権利が帰属します。

page top