より創造的で効率的な制作環境を実現するAutodesk Maya用VRプラグインソフト「MARUI 3」取扱い開始、2019年2月6日 - 8日に3D&バーチャル リアリティ展へ出展! | ニュースリリース | 会社情報 | 株式会社Too
株式会社Too

より創造的で効率的な制作環境を実現するAutodesk Maya用VRプラグインソフト「MARUI 3」取扱い開始、2019年2月6日 - 8日に3D&バーチャル リアリティ展へ出展!

2019年2月 5日

クリエイティブ市場の総合商社・株式会社Too(本社/東京都港区虎ノ門3-4-7、社長/石井剛太、資本金/1億円)は、より創造的で効率的な制作環境を実現するAutodesk Maya用VRプラグインソフト「MARUI 3」を2019年2月6日(水)より取扱い開始、2019年2月6日 - 8日開催の3D&バーチャル リアリティ展に初出展します。

「MARUI 3」は、株式会社MARUI-PlugIn(創業:2016年 本社:大阪府大阪市、代表取締役:クリヘンバウア マクシミリア ミハエル)が開発するAutodesk Maya用VRプラグインソフトです。

既存の3DCGソフトのVR UIを提供するプラグインソフトウェアMARUIは、より創造的で効率的な制作を可能にし、3DCGデザインの可能性を広げていく製品です。

2018年よりメーカーサイトにて提供を開始した、MARUI 3はVRの導入を進めるゲーム業界や映像業界を中心に様々な業界から反響をいただいております。
そしてコアユーザーからのフィードバックをもとに、VRキーボードやVRウィンドウ画面、特殊なカメラワークなど多様な機能をアップデートしてきました。

Autodesk Mayaを利用されている方だけでなく、新しい3D CG制作フローに興味のある方に最適なツールです。
ライセンスはユーザーがお求めやすい3種類のラインナップ(3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月サブスクリプション)をご用意しております。

また、日本の教育現場でもさまざまなICTの本格導入が進む中、新しいカリキュラムにVRを検討される方も増えてきました。
教育機関向けの販売なども今後ご用意していく予定ですので、お気軽にご相談ください。

■MARUI製品ページ

https://www.too.com/product/software/plugin/marui/

■特徴

・Autodesk Maya 用プラグインソフトウェア
・Oculus Rift/HTC Vive/Windows MRに対応
・VR空間内で、無限の作業スペースを自由に活用でき手に取るような直感的なモデリングや、人形を操るようにアニメーション付けが可能に
・UIのカスタマイズ機能や音声・ジェスチャによるコマンド入力機能を装備。より効率的なワークフローを実現

■価格

MARUI 3 サブスクリプション 3ヶ月ライセンス 16,500円(税別)
MARUI 3 サブスクリプション 6ヶ月ライセンス 33,000円(税別)
MARUI 3 サブスクリプション 12ヶ月ライセンス 66,000円(税別)

※上記はスタンドアロンライセンスになります。
※フローティングライセンス及びボリュームライセンスはご相談ください。

■対応するMayaのバージョン

Maya2014/Maya2015/Maya2016/Maya2016 Extension2 (2016.5)/Maya2017/Maya2018/Maya2019
※Maya LT には対応していません。

■対応するVR機器

Oculus Rift & Touch/HTC Vive/Windows MR/Leap Motion/OvrvisionPro

■開発元

株式会社MARUI-PlugIn

■出展情報

2019年2月6日 - 8日開催の3D&バーチャル リアリティ展にて「MARUI 3」を初出展します。
https://d.japan-mfg.jp/ja/Expo/5493644/Too

同件に関するお問い合わせ先

株式会社Too デジタルメディアシステム部
E-Mail dms@too.co.jp
TEL 03-6757-3145 FAX 03-6757-3146
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル

報道関係の皆様からのお問い合わせ先

株式会社Too マーケティング部
E-Mail pr@too.co.jp
TEL 03-6757-3123 FAX 03-6757-3124
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル

※Tooは、株式会社Tooの登録商標です。
※その他の登録商標及び商標は、所有者に権利が帰属します。

page top