受付中

建築設計業界でのお役立ち情報をご紹介

これからBIMツールの導入を検討されている方に向けて、意匠設計から、構造設計・設備設計・解析シミュレーション・施工管理まで幅広い用途で採用されているBIMツール Revit導入のメリットや活用事例をご紹介いたします。また、同じく意匠設計で使用されている Rhino + GrasshopperとRevitの連携機能や Revit + 3ds Maxの双方向にコミュニケーションを可能にするOmniverse最新情報をお届けします。

※2021年11月12日に実施したオンラインLIVE配信ウェビナーのオンデマンド配信です。
※視聴には登録が必要です。ご登録後、アーカイブURLをご案内いたします。

ウェビナー内容

◇Revit×BIM活用事例
・Revitの利点について
・中小企業でのBIM活用事例紹介

◇Rhino.Inside.Revitの使い方
ヴィジュアルプログラミングツールGrasshopperが標準搭載されているRhinoは、
パワフルな3Dモデラーとして建築、ファブリケーション、建設用途に活用されています。
このRhino + Grasshopperの機能をAutodesk Revit環境下で使用することを可能にする
Rhino 7 新機能「Rhino.Inside.Revit」をご紹介します。

◇ GTC速報!Omniverse最新情報
11月8~11日開催のGTCで発表されたNvidia Omniverse最新情報及び建築向けの事例をお届けします。

※NVIDIA Omniverse™ は、仮想コラボレーションとリアルタイム シミュレーションのためのオープンプラットフォームです。例えば、Autodesk Revitで設計されたBIMデータをOmniverseへエクスポートし、3ds Maxと双方向にコミュニケーションを行うことができます。Omniverseアシストセンターに関するリリース情報はこちら

対象

・これからBIM導入を検討されている方
・Revitに興味のある方
・Rhino + Grasshopperに興味のある方
・建築設計業界の方

主催
株式会社Too
協力
オートデスク株式会社
NVIDIA
SB C&S株式会社
日時
オンデマンド配信
受講料
無料(事前登録制)

お申し込み

下記申込みページよりお申し込みください。
折り返し、ウェビナー視聴のご案内をお送りいたします。

確認画面はでません。

個人情報の利用目的について
 お預かりしました情報は、以下の目的にのみ利用させていただきます。
 ・お見積、受注、商品手配、商品発送、納品、請求、入金処理等の取引全般
 ・業務上のご連絡
 ・お問い合わせ、お申し込みに対する対応
 ・弊社および関連会社の営業活動における資料
 ・市場調査活動における資料
 ・弊社発行のメールマガジンや各種情報提供の源泉として

※Tooウェブサイトからの送信フォームはSSL暗号化通信に対応しております。

page top