Adobe Substance 3D Collectionは、アドビから新しく登場した、3Dを手軽に始められるツールセットです。 3Dは難しそう、少し触ったけどやめてしまった、といった方にぜひ体験していただきたいツールです。

今回はそのSubstanceのご紹介と、Substanceを使ってパッケージモデルにデザインデータを貼り付けて環境光などを調整し、よりリアルなパッケージのイメージ画像をつくる方法などをご紹介します。

  • 60min

※この動画は、2022年3月1日に実施したライブ配信のアーカイブ動画です

イメージが素早く形になっていく様子をぜひご確認ください

Adobe Substance 3D Collectionは、未経験の方でも簡単に始めることのできる新しい3Dツールセットです。
アドビの他ツールを触っているような感覚で3Dを操作でき、簡単にイメージを具現化することができます。

<こんなことをお話しします>
・Substance概要
・Substance使い方デモ パッケージ編
・(さらに上を目指すとき)必要な3Dソフト
・必要なハードウェアスペック
・アドビ製品のお得な導入方法


使い方デモでは以下の画像のようにリアルなイメージを作るようすをご紹介します

※画像はイメージです


※プログラム内容、講師は都合により予告なしに変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※視聴には事前登録が必要です。

講師

臼倉 敦史
株式会社Too
デジタルメディアシステム部セールスサポート課
3DCG/CADサポートエンジニア

視聴登録受付中
お申し込みフォーム
個人情報の利用目的について

お預かりしました情報は、以下の目的にのみ利用させていただきます。

  • お見積、受注、商品手配、商品発送、納品、請求、入金処理等の取引全般
  • 業務上のご連絡
  • お問い合わせ、お申し込みに対する対応
  • 弊社および関連会社の営業活動における資料
  • 市場調査活動における資料
  • 弊社発行のメールマガジンや各種情報提供の源泉として
  • 広告配信事業者を利用した行動ターゲティング広告の配信
  • 取得した閲覧履歴や購買履歴等の情報を分析して、趣味嗜好に応じた情報の提供

個人情報保護方針

本ウェブサイトの通信はSSLで暗号化されてます。

お問い合わせ/お見積もり依頼

お気軽にご連絡ください。