Acrobat DCによる安全な文章運用

文書セキュリティのリスクと戦うなら、PDFがおすすめ!

情報漏洩といったセキュリティ上の問題がニュースで取り上げられることが非常に増えていますが、対策は進んでいますか?文書のセキュリティ対策にはPDFの運用をおすすめいたします。

対策1文書自体のセキュリティを高める

ファイルが流出しても、情報自体はもらさない。

情報漏洩といえばウイルスやハッキングによる外部からの操作によるものが主流でした。しかし、最近ニュースなどで話題なのは不正持ち出しや、盗難・紛失などの「内部からの情報漏えい」です。 文章流出による、情報漏洩そのものをを防ぐには、PCのウイルス対策やネットワークのセキュリティを高めるなどの対策が必要なのはいうまでもありません。 しかしそもそも文書自体にセキュリティ対策が施されていないと、万が一書類が流出した場合には情報が簡単に抜き取られてしまいます。 契約書や個人情報が記載された機密性を要する文書には、まず文書レベルでしっかりとしたセキュリティを施すことが大切です。 Tooがご提案する文書業務のセキュリティ対策は、Adobe Acrobat DCを利用したPDFでの文書運用です。 Adobe Acrobat DCは、より高品質でセキュアなPDFの作成(変換)を行うことができ、文書業務のセキュリティを高めることが可能です。さらに、共有機能を活用することにより、安全に書類を共有でき、業務効率も高めることができます。 これまでのOffice書類の運用から、一歩進んだ文書業務を実現します。

重要文書の閲覧・印刷をコントロール

お客様へメールに添付する際の資料などには、文書の重要度に応じて、セキュリティレベルの設定を徹底する必要があります。Acrobatの保護機能を活用すれば、メールでの文書の送受信も安心です。パスワードの設定はもちろん、コピー・印刷の制限など権限の設定も細かくコントロールできます。

セキュリティの設定が簡単なので、統制を図りやすい。

文書へのセキュリティ設定の重要度はわかっているけど、なにかと面倒で忘れがち・・・。ご安心ください、Acrobatのアクションウィザードなら面倒な設定を一括で行えます。社内での文書の機密ルールの統制もはかれますし、設定漏れも防ぐことができます。

対策2紙の書類をデジタル化

セキュリティと利便性が向上

社内文書や資料など、保管したままの紙文書はありませんか?また、重要な書類や、頻繁に利用する書類ほど紙で支給されることも多いのではないでしょうか?ついつい机の上に置いたままにしたり、カバンの中に入れたままにしてしまったりすると、紛失・漏えいのリスクが高まります。
実務でデータとして活用したい場合には、紙のままだと情報を探し出すことも困難ですし、効率も下がってしまいます。

紙文書がテキスト認識された
デジタル書類に変換できる!

紙のカタログをスキャンしてデジタル(PDF)化。スキャンした紙の書類をAcrobatが解析して、編集可能なテキストと画像の情報に変換できます。編集するテキストは、似たフォントに変換して表示します。
背景がある場合もPhotoshopで培われた画像テクノロジーを利用して、違和感のない形で自動補完されます。

クラウドで簡単に共有できる!
「Adobe Document Cloud」

Acrobat DCに付属しているクラウドストレージサービス「Document Cloud」で、容量の重いデータも安全にクラウド共有できます。アプリケーションから直接共有できますので、煩わしさもありません。さらに、共有する書類のアクセス状況の確認もできます。