Adobe CCグループ版(法人むけ) 導入メリット

Creative Cloudアイコン

Adobe Creative Cloud 法人版は、企業での利用を対象としたメンバーシップ制のサービスです。
クリエイティブワークに必要なツールを最新の状態で使えるだけでなく、年間の予算が立てやすい、固定資産にならない、購入手続きやライセンス管理が容易等々、個人版にはない多くのメリットがあります。

セキュリティ強化

企業でIDを発行/削除

企業でIDを発行/削除

Adobe Creative Cloud 法人版のライセンスを利用するために、ユーザーはIDが必要となります。
法人版の場合、このIDを企業側(管理者)が発行/削除できます。

データの漏洩防止

データの漏洩防止

管理者がユーザーのIDを削除できるため、ユーザーが退職したり、部署から離れた場合は、そのIDに紐づく情報(ストレージ*など)ごと削除することができます。
ID削除後、ユーザーはストレージ にアクセスできなくなるため、データを持ち出すことができません。

*ストレージとは、Adobe Creative Cloud アカウントに付属しているクラウドストレージのことです。
どこにいても接続中のデバイスやコンピューターからクラウドストレージに保存したアセットを利用できます。

ストレージ利用状況の可視化

ストレージ利用状況の可視化

管理者はユーザーのストレージの利用状況をAdmin Console上で確認できます。
また、管理者はユーザーの利用していたストレージのファイルを別のユーザーに簡単に転送することも可能です。

企業に適したライセンス管理

Admin Consoleで簡単ライセンス管理

Admin Console

管理者は、Admin ConsoleというWeb上の管理ページで
いつでも好きな時に「ライセンスの割り当て」や「契約の確認」が可能です。

企業内でユーザーの追加や入れ替えができる!

ユーザーの追加や入れ替え

Adobe Creative Cloud 法人版は、ライセンスが「個人」ではなく「企業」に紐づいています。
そのため、保有しているライセンス数内であれば、ユーザーを自由に追加、変更することが可能。
例えば、ユーザーの1人が退職したり部署から離れた場合、そのライセンスを新しいユーザーに割り当てることができます。

1ライセンスにつき1TB!柔軟なストレージ活用

1ライセンスにつき1TB、柔軟なストレージ活用

法人版の場合、ライセンスを割り当てられると、各ユーザーはストレージが1TB利用できます。
また、このストレージを一括して企業が管理できます。
より多くのストレージを必要とするユーザーが、ストレージの必要容量が少ないユーザーの未使用のストレージを利用できるようになります。

10ライセンス以上でディスカウント対象

10ライセンス以上でディスカウント対象

Adobe Creative Cloud 法人版は、合計10ライセンス以上をご購入いただくと「VIPセレクト」というディスカウント制度が適用されます。

サポート

サポート

製品やサービスに関するサポートに加え、業務に応じた製品の利用方法や、新機能についてのトレーニングなどを受けることができます。

個人版と法人版の違い

  Creative Cloud個人版Creative Cloud法人版
ライセンスについて所有権個人企業
社員が企業を離れた場合、他のユーザーに移行可能×
すべてのライセンスを一元管理×
アプリケーションについてすべての最新の機能を利用可能
ストレージサービスについて容量100GB1TB
データの所有権個人企業
柔軟なストレージ活用×あまったストレージ容量を別ユーザーが利用可能
ストレージの可視化×管理者がユーザーのデータにアクセス可能
その他サービスAdobe Fonts
サポート×法人版専用サポート

豊富なお支払い方法

企業のご利用に便利は請求書払いを選択できます。その他、クレジットカード、コンビニ、事前銀行振込が選択できます。

最適なプランをご提案

Adobe Stock法人版の導入や運用方法について、ご不明な点やお困りごとを、電話やメールでサポートいたします。
お客様のご利用方法にあった最適なプランをご提案可能です。まずはお問い合わせください。

さらにお安くなる場合も

他のAdobe製品をご購入のお客様は、Adobe Stock法人版をお得にご購入できる場合がございます。 また、部署ごと契約がある、管理をまとめたい…など、契約内容を見直すことで、コストカットできる場合もございます。