アドビ一般利用条件の更新のお知らせ

アドビ システムズ 株式会社(以下、アドビ社)は、公式ホームページにてアドビ一般利用条件を更新する旨を発表いたしました。
更新された利用条件は2020年4月16日より発効いたします。

●アドビ社 公式ホームページ「アドビ一般利用条件の更新」URL
 https://helpx.adobe.com/jp/enterprise/kb/update-terms-of-use.html

既に2020年3月16日に管理者宛、3月17日にアプリケーションを割り当てられているユーザー宛にアドビ社より告知メールが配信されております。
具体的なアップデート内容や、お客様に行なっていただく必要のある対応は、以下の通りです。

利用条件の更新によるアップデート内容

アドビ社はお客様が今後も安全にクリエイティブプロジェクトを保存、管理、共同作業できるように、さまざまな改善に取り組んでいます。

その取り組みの一環として、2020年4月下旬より以下の機能が追加されます。

  1. 管理者がユーザーのストレージの利用状況を確認することが可能となります。
  2. 管理者がユーザーのストレージにアクセスし、コンテンツのダウンロードや削除が可能となります。
  3. 管理者によるユーザーの管理機能が強化されます。
    ex)ユーザーが異動や退職された場合、そのユーザーがストレージに保存していたコンテンツを削除することができます。
    また、アプリケーションの利用権をメールアドレスごと削除することも可能となります。

今後も様々なアップデートが予定されております。

利用条件今後の対応につきまして

管理者の方

2020年4月16日に、ユーザーがアプリケーションを起動すると、更新された利用条件への同意を求めるポップアップが表示され、再ログインを求められることになります。
組織内のユーザーに対して、事前にお知らせいただくことをお勧めいたします。
また、管理者ご自身も新たな利用条件に同意が必要となります。

ユーザーの方

2020年4月16日に、アプリケーションを起動すると、更新された利用条件への同意を求めるポップアップが表示され、再ログインを求められることになります。
スムーズに対応できるように、事前にパスワードの確認を行なっていただくことをお勧めいたします。

FAQ

Q:対象者は?

A:Creative Cloud グループ版またはエンタープライズ版を利用するAdobe IDを持つ管理者・ユーザーが対象です。Creative Cloud エンタープライズ版ETLA、Creative Cloudエンタープライズ版でEnterprise IDまたはFederated IDのみを持つユーザーは、新しい利用条件に同意する必要はありません。

Q:管理者がコンテンツを管理できるという点に不安を感じます。なにか対策がありますか?

A:Creative Cloud グループ版またはエンタープライズ版に保存されたコンテンツに管理者がアクセスし、管理できることに不安をお持ちの場合は、次の2つのことをご検討ください。

1. 利用条件の更新前に、Creative Cloud グループ版またはエンタープライズ版のストレージから個人用コンテンツを移動してください。

2. 個人用の電子メールアドレスでCreative Cloud グループ版またはエンタープライズ版を利用している場合は、会社用の電子メールアドレスを取得いただき、そのメールアドレスにでCreative Cloud グループ版またはエンタープライズ版を割り当て直すように管理者様に依頼してください。
これにより、現在(個人用)の電子メールアドレスが Creative Cloud 無償メンバーシップまた有償の個人向けプラン(お持ちの場合)のデフォルトに設定され、コンテンツは個人用アカウントで管理されます。

Q:2020年4月16日前に利用規約に同意することは可能か?

A:不可能となります。2020年4月16日に同意していただくことになります。

Q:利用規約への同意を保留にし、アプリケーションを利用することは可能か?

A:不可能となります。同意を求められた際に承認をしていただかないと、アプリケーションの利用に進めません。