Macのアカウント管理「Jamf Connect」

OktaやAzure AD等の認証情報を、Macのアカウント認証に利用できます



※Appleデバイス管理の「Jamf Pro」はこちら


Jamf Connect Overview


Jamf Connectがあれば、エンドユーザは使用するMacを箱から取り出して電源を入れたら、OktaやAzure AD、PingFederateなどの認証情報を使ってサインインするだけで、あらゆる企業アプリケーションにアクセスすることができます。

企業のPC活用で課題となるアカウント管理を、Macにおいても簡易に実行でき、管理者・利用者の負荷を大幅に削減します。

MacをActive Directoryにバインドすることなく、アカウントのセキュリティを維持することができます。



Jamf Connectの製品構成


Jamf Connect は、管理者がユーザのローカル macOS アカウントと組織のクラウド ID (ネットワークアカウント) を接続して認証を管理できる App です。
Jamf Connect には、 2 つの主要なコンポーネントが含まれています。


■ログインウィンドウ

デフォルトの macOS ログインプロセスとログインウィンドウ UI を変更する
認証プラグインです。

■メニューバー App

メニューバー App を使用することで、ユーザがネットワークとローカルのパスワードを簡単に管理することができます。


ログインウィンドウ

メニューバーApp



ログインウィンドウ


macOSのログイン画面を、クラウドIdPの認証画面に置き換えます。 マルチファクタ認証に対応し、クラウドIdPアカウントに基づいたローカルアカウントの作成や、FileVault 2の有効化が可能です。 ログインUIはカスタマイズすることが出来ます。



メニューバーApp


クラウドIdPのパスワードと、ローカルアカウントのパスワードの同期を行うメニューバー常駐型アプリケーションです。パスワードの有効期限切れの通知や、Self Serviceへの簡単なアクセスを可能にします。
※対応しているクラウドIdPはクラウドIdP対応状況をご確認ください。



Jamf Connect Configuration

Jamf Connectを利用するために必要な設定ファイルを作成する管理者向けアプリケーションです。
また、構成をテストし、クラウドIdPとの接続を確認することが可能です。




クラウドIdP対応状況





Jamf ProとJamf Connect

Jamf ProとJamf Connectは、共にJamf社の製品です。
同時に利用する事で、Jamf Connectのライセンスファイルを、Jamf Proの構成プロファイル配布機能を利用して展開する事が可能です。
連携によって更にMacの管理を自動化することができます。

Jamf Connect Login × Jamf Pro


Jamf Proのパッケージ配布機能を利用して展開
Device Enrollmentを利用すると、初回起動時から利用可能
最新バージョンを配布することでアップデートの管理が可能

Jamf Connect Sync / Verify × Jamf Pro


Jamf Proのパッケージ配布機能を利用して展開
最新バージョンを配布することでアップデートの管理が可能


他にも、連携して使える機能がございます。
Jamf Connectの導入支援等は別途お見積もりいたしますので、お問い合わせください。


柔軟で安全なMacの管理・活用はTooが強力にサポートいたします!

Mac、iPad等のApple製品を活用するためのデバイス一括管理支援

Appleデバイス導入支援(Jamf Pro)

TooはAppleのValue Added Reseller及び正規サービスプロバイダです。Mac、iPad等の導入支援やJamf Proを利用してのデバイス一括管理の他、トレーニング/サポート/修理を行っています。

Apple製品導入のご提案のページへ >>


page top