Mac OSX(10.13.x)の標準メールソフトでの設定方法です。
[ メール ] アイコンをクリックし、メールソフトを起動します。


[ メール ] メニューより [ 環境設定 ] を選択します。



表示された画面の上部にあるアイコンから「アカウント」を選択します。
アカウント設定画面左下の「+」ボタンをクリックし、アカウント追加作業を開始します。



[メールアカウントのプロバイダを選択]ダイアログが開きます。
[その他のメールアカウント] を選択して [続ける] をクリックします



[メールアカウントを追加] ウインドウが表示されます。以下のように設定し、[サインイン] をクリックします。



名前: 名前欄に入力したものが、メールの送信先にて、差出人名として表示されます。
メールアドレス: 設定するメールアドレスを入力します。
パスワード: 受信用パスワードを入力します。


設定入力項目が追加されます。以下のように設定し、さらに [サインイン] をクリックします。



ユーザ名: 受信用のユーザ名を入力します。
アカウントの種類: POP
受信用メールサーバ: POP(受信用)サーバを入力します。
送信用メールサーバ: SMTP(送信用)サーバを入力します。


下記メッセージが表示される場合がありますが、[続ける] をクリックしてください。


メールは、サーバ "〜" の識別情報を確認できません。


パスワードを (サーバ名) に安全に送信できませんでした。


設定入力画面の [次へ] ボタンをクリックしてください。



アカウントが登録されます。

※バージョンによっては、この後もパスワード確認画面が出ることがあります。
アカウントは既に登録されておりますので、「キャンセル」をクリックしてください。



「メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバから削除」はデフォルトで
チェックあり、「1週間後」の設定になっていますが、
これが効かず、サーバ上にメールが溜まり続けるケースがしばしば見られます。

一旦別の設定を登録し、あとで「1週間後」に戻すことで効くようになります。
念の為、ここで「1か月後」に変更しておいてください。


その後、追加完了したアカウントの[サーバ設定] タブに移ってください。


[サーバ設定] タブの内容に変更を加えます。



まず、受信用メールサーバ (POP) / 送信用メールサーバ (SMTP) それぞれの
「接続設定を自動的に管理」のチェックを外してください。
そうすると、下記のように設定項目が増えます。設定をご入力ください。


【受信用メールサーバ(POP)】



・ユーザ名: 受信用のユーザ名です(入力済)。
・パスワード: 受信用のパスワードです (入力済)。
・ホスト名: 受信用のサーバ名です (入力済)。
・接続設定を自動的に管理: チェックなし。
・ポート: 110
・TLS/SSL を使用: チェックなし。
・認証: パスワード。


「POPの詳細設定」をクリックしてください。



・TLS証明書: なし
・「セキュリティ保護されていない認証を許可」チェックを入れてください。
 (10.13.x の場合、このチェックが入らないケースがありますが、多くはその場合でも問題なく動作します。)
「OK」をクリックします。


【送信用メールサーバ(SMTP)】



送信用メールサーバ(SMTP) の「アカウント」の部分をクリック、
プルダウンのメニューがのびてくるので、
「SMTP サーバリストを編集」をクリックしてください。



[サーバ設定] タブをご確認ください。



ユーザ名とパスワードは、初期状態ではおそらく受信用のものが入っています。
送信用のものをあらためてご入力ください。

※OSX 10.13.x のアカウント設定では、まったく同一設定の送信アカウントは重複できません。
メールソフトに登録するアカウントが2つめ以上で、登録したい内容の送信アカウントが既に存在していましたら、
ここではユーザ名が受信用設定と同じになっているアカウントを「-(マイナス)」で削除してください。


・説明: 送信サーバ自体の説明です。任意でご入力ください。
・ユーザ名: 送信用のユーザ名をご入力ください。
・パスワード: 送信用のパスワードをご入力ください。
・ホスト名: 送信用のサーバ名です(入力済み)。
・接続設定を自動的に管理: チェックなし。
・ポート: 587
・TLS/SSL を使用: チェックなし。
・認証: パスワード。


[詳細]タブに移ってください。



・TLS証明書: なし
・「セキュリティ保護されていない認証を許可」チェックを入れてください。

右下の「OK」をクリックします。



設定画面に、先ほど登録した送信用設定が反映していることをご確認ください。


以上でメールアカウント設定完了です。
設定画面を、画面左上の、赤い「閉じる」ボタンで閉じてください。


変更内容保存の有無を確認された場合、「保存」をクリックしてください。



完了後、メールソフト自体を [メール] メニューから [終了] します。



改めてメールソフトを起動、「メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバから削除」の項目にて
「1か月後」にした設定を「1週間後」に戻します。



[ メール ] メニューより [ 環境設定 ] 、ご登録いただいたアカウントをご確認ください。
「アカウント情報」タブ、「メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバから削除」チェックありの状態で、
「1か月後」にしていただいていたものを「1週間後」に戻し、設定画面を閉じてください。

page top