株式会社Too

デザイン事務所起業支援導入事例 株式会社MANN 様

デザイン事務所の起業

異なる分野でフリーランスとして活躍されてきた藏本氏、野木氏、村上氏。2016年8月に「株式会社MANN」を3人で起業されました。株式会社MANNは、それぞれの得意分野である映像・写真、グラフィックデザイン、コピーライティングの3要素をベースに、媒体を選ばない提案を強みとされています。起業から1年を経て、起業から今までの変化やフリーランスとの違いについて、お話しいただきました。

3人で仕事をする空気感と、タイミングが合致

起業の経緯

藏本氏:
以前は3人ともフリーランスで、それぞれデザイナー、カメラマン、編集などの仕事をしていました。2016年に某大手日用品メーカーの仕事で一緒になり、とある事業でのプロモーション全体を3人で手がけたんですね。そのときに「一緒にやろうよ」と声をかけたのがきっかけです。元々フリーランスでは大きな案件を受けづらいことから、いつか会社にしたいという思いを強く持っていました。3人で仕事をする空気感と、タイミングもちょうど良かったのだと思います。

起業にまつわる面倒な作業

藏本氏:
起業にあたっての手続きは、私が引き受けましたが……正直大変でした。まず、どんな書類を用意すれば良いかわからない。ある程度は本を読んで調べ、大体の流れを把握して、書類作成などは司法書士の方に丸ごとお任せしました。ビジネス誌のライターもしているので、ある程度の見当はつきましたが、その経験がなかったらもっと苦労していたと思います。
オフィスの引越をしないと住所がない、住所がないと法人登記ができないので、銀行口座を開けられず、銀行口座が開けないと仕事が受けられない……といった順序があったり、法人だと銀行口座の審査が厳しかったり。思い返してみると結構大変でしたね。

起業することで仕事がしやすくなった

クライアントからの信頼向上と、仕事の幅の広がり

野木氏:
フリーランスと比べると「信頼」が大きく違うことを感じます。クライアントによっては、会社になったことで仕事を受けるのがスムーズになりました。他にはカメラ機材が借りやすくなったり、外注先への仕事の依頼がしやすくなったり。元々3人とも独立してクライアントを持っていたので、仕事に関しての不安はなかったです。会社にすることで、どんどん仕事が増えるかもという期待も正直ありましたが……意外と変わらなかったです(笑)。とはいえ、できることの幅が広がったので、いろんな提案を積極的にしやすくなりました。

藏本氏:
「会社として一括で受けられます」となると、こちらの体制は変わらなくとも、見え方が変わりましたね。またビジネス誌のカッチリとした案件から広告、クリエイティブ色の強い仕事まで、3人それぞれ異なる業界を経験してきたことも強みです。ツテのない業界の仕事を個人で受けるのは難しいですが、会社になったことで、新しい業界の仕事も受けやすくなりました。また、1人で受けている案件でも「これってどう思う?」と、ちょっと後ろを振り向けば、相談相手がいるのは良い環境だと思います。

村上氏:
全員がフリーランスを経験しているので、“自分1人だけ”でできる仕事の程度をわかっています。だからこそ、会社になって、できる仕事の幅が広がったことが楽しいです。さらに挑戦しなきゃいけないな、とも感じています。
また馴染み深いクライアントさんにも、新鮮さを伝えられたことが良かったです。クライアントさんに2人を紹介した際に、やりとりを聴きながら「こんなことを考えていたんだ」と感じることがありました。付き合いが長いからこそ、私自身にとっても新たな発見がありました。

資金繰りは成長する気概に

藏本氏:
大変になったことは資金繰りですかね。そこはフリーランスの方が気楽かもしれません。フリーランスは仕事した分だけ収入になりますが、一方で自分1人が生活できればいいや、と無意識に上限を決めてしまいます。法人化は大きくしよう、伸ばしていこうという気持ちが沸くので、可能性の幅が大きいと感じています。また会社としたことで仕事の受けやすさ、広がりの楽しさがありますね。

事業拡大、未知の仕事が楽しみ

今後の展望


村上氏:
我々で一括りの提案ができることを生かして、企業のブランディングやPRを手がけていきたいです。例えばベンチャー企業など、まだ定まっていない部分もある企業に対して、グラフィックデザインから何から、企業PRのためにイメージを再構築する手助けをしていきたいと考えています。


藏本氏:
我々は「デザイン会社」「映像会社」「コピーライトを作る会社」といった、機能がわかりやすい会社ではありません。クライアントと直接やりとりをして、企業や製品やブランドなど、「何かをPRするもの丸ごと」を発注したいとなったら一揃えにできる会社です。そこが強みなので、まずは忙しくなったメンバーのアシスタントを増やし、その後は、異なる分野のメンバーを増やしていきたいと考えています。


野木氏:
異なる分野の人が入ってくれば、またその人の持っているパワーが入ってきて、どんどん新しい流れが起こるのが楽しみです。規模を大きくして、ぜひ人を増やしていきたいです。まだ知らない業界の仕事に挑戦できるのが楽しみですね。

株式会社MANN

MANN

株式会社MANNは、「理解」と「実行」に長けたクリエイティブチームとして、クライアントの目指すゴールを共に達成することを掲げていらっしゃいます。販売戦略も含めたコンサルティングやブランディングなど、事業の全体像への理解が求められる案件も得意とされています。

〒107-0062 東京都港区南青山5-4-29 伊万里南青山ビルB1-05
TEL:03-6427-6007 FAX:050-3730-1099
http://mann.jp/

デザイン業総合支援

ご希望のご予算で理想のデザイン事務所構築のお手伝いをいたします。

※ 記事は2017年9月現在の内容です。