株式会社Too

Dropbox Business導入事例 株式会社ハドル 様

クラウドストレージを活用した情報共有と多様な働き方

株式会社ハドル様は、東京都渋谷区神宮前にオフィスを構える、社員数7名の広告制作プロダクションです。幅広い業界業種のお客様の悩みごとに向き合い、媒体に拘らず、クリエイティブによる問題解決を提案されています。「職場環境を整えるのは……社員を思う気持ちです!」と話されるのは、株式会社ハドルの酒田様。制作業務のワークスタイルを変革するべく、ITツールの導入や制度の整備に積極的に取り組まれています。その一環として、2017年春よりクラウドストレージ「Dropbox Business」を導入されました。株式会社ハドルの朝野様は、同ツールを活用しつつ、デザイン制作の仕事と育児を両立されています。

学校校舎

自由な場所で働ける環境づくりの必要性

導入のきっかけ

酒田氏:
以前は、制作データの管理を個人に委ねていました。Tooからクラウド化の提案を受けた際も、セキュリティ面から考えて『いつかやらなきゃな』という意識はありましたが、後回しになっていました。具体化したのは2016年夏。きっかけは、子育て中のデザイナーが新たに入社したこと、同時期に別のデザイナーから出産の報告を受けたことです。今後、彼女らが育児と仕事を両立する上で、子供の急な体調不良などで、在宅ワークをする場面もあるだろうと。これを機にクラウド化を進め、オフィス以外の場所でも、仕事ができるように整備しようと決めました。Dropbox Businessは、会社としてのセキュリティを考慮し、ソフトウェアの操作性で選びました。

ツール導入に併せた制度整備

酒田氏:
Dropbox Businessの導入ありきで、制度も整備しました。これまでの勤務体系に加えて、時短の勤務体系を選択可能にし、月21時間までの在宅勤務をOKにしました。また併せて、MacBook Proを共有端末として導入し、在宅に限らず、自由な場所でテレワークをできるようにしました。社員の自宅環境を整えようかとも考えましたが、育児や介護に限らず、多様な人が働きやすい環境を整備したいと考えました。実は元々、『自由な場所で働くことで感性を磨いてもらおう』という構想があったので……クラウドストレージとモバイル端末の導入によって、同時に実現することができました。

クラウドストレージの活用で仕事の共有、連携がスムーズに

全員が制作データをDropbox Businessに集約

朝野氏:
子供が急に熱を出した……といった事象は、運良くまだありません。とはいえ、いざというときの環境が整っていることは、働き続ける上で非常に心強いです。現在は、全員が制作データをDropbox Businessに集約するようにしています。これにより、案件担当者の不在時にも、お互いに仕事をカバーできる安心感があります。一箇所に集約されていることで、該当データを探す手間や、最新バージョンはどれだろうと迷う時間のロスが無くなりました。ダイレクトにアクセスできるので、通常の仕事の連携も早くなりました。また自宅にいても、DropboxのiOSアプリ経由で、仕事の進行状況を知ることができます。仕事の流れを事前に共有しておけば、必要に応じてオンタイムにデータを確認できるのが助かります。

朝野氏:
ソフトウェアの操作に迷うことは特にありません。ですが、共同制作など、まだ活用できていない機能も多いので、便利に使える機能をどんどん覚えていきたいです。


毎朝仕事の予定を共有し、リアルでのコミュニケーションも活発。少人数で効果的に仕事をするため、連携を大切にされています。

バージョン履歴機能が活躍

他のデザイナー様からは、制作の過程で、バージョン履歴の機能を便利にご活用いただいたお話を伺いました。クライアントからの指示を受け、制作データをモノクロに変更。その後、再度カラーに戻して欲しいという要望を受けたとのこと。「思わず悲鳴を上げました……。」とおっしゃっていましたが、バージョン履歴の保存機能により、無事に加工前のデータを復元することができたそうです。

※Dropboxでは30日間、Dropbox Businessでは120日間、ユーザーのファイルのバージョン履歴を保存することができます。

「多様な働き方」を無理なくスタートできた

酒田氏:
Tooは、我々の制作環境であるMacや複合機の仕様にも詳しいので、それらに関して丸ごとお任せしています。“多様な働き方”というキーワードでも相談に乗ってくれ、他社の先進的な取り組みの情報、ワークスタイルを変えづらい業種に向けても、様々なアイディアを提供してもらって助かりました。Dropbox Businessについても、我々の環境を踏まえて、無理なくスタートできるものを提案してくれました。


職場ハリネズミの「よう君」。社員の皆さんに先駆け、勤務時間を自分で決めるスーパー・フレックスタイムを導入している。

今後の展望

朝野氏:
データ共有によって、新たに見えてきた課題もあります。これまではデータを個人管理していたので、制作データの形式やフォルダづくりなど、管理の仕方がバラバラでした。折角、データ共有が簡単になったので、管理方法の共通ルールをつくることで、可能なところは効率化していきたいですね。まだ活用できていない便利な機能も使っていきたいです。Dropbox Businessの導入によって、働く場所の選択肢が増えました。自分自身フットワークを軽くしていきたいと感じましたし、そういったことを考える良いきっかけとなりました。

酒田氏:
会社として整備できるのはツールと制度まで。ツールをいかに活用していくかは、働き手次第だと感じています。実は弊社では、残業は最大21時までという制限を設けています。ただ時間短縮するのではなく、良いものを短い時間で作るため、ツールの活用も含めて知恵を絞ることも大切です。デザイナーを職場に縛り付けるのではなく、各自が働きやすい環境で働くことで、良い知恵が浮かぶこともあるでしょう。我々なりのデザイナーのスタイル、業務スタイルを確立するために、ツールを使っていきたいと考えてます。

株式会社ハドル

huddle

業種や媒体を選ばず、アイディア、コピー、デザインまで、幅広い制作を手掛ける広告制作プロダクション。東京都渋谷区に事務所を構える。2005年創立。企業理念は「豊かな発想と創造力を働かせ、卓越した広告物を制作することを通じて、お客様の課題解決とビジネスの発展に貢献します」

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-41-8-1F
TEL 03-5464-9840 FAX 03-5464-9841

Dropbox Business