オンプレミスやクラウドからクラウドストレージへのデータ移行が簡単に

クラウドストレージを利用する際の、データ移行・同期の手段とその後の運用課題を解決



「Data Migration Box」はオンプレミスからクラウド、クラウドからクラウドへのデータ移行ツールです。
各クラウドサービスのAPIを利用した、アップロードファイル数無制限、 ファイルサイズチェックなどに対応しデータ移行を簡単におこなえます。オンプレミスやさまざまなクラウドから他のクラウドへのデータ移行や差分同期を、直観的かつシンプルな操作でおこなえます。



対応するクラウドサービス



データ移行の課題

移行に時間がかかる

同時アップロード数を増やしたり、複数ユーザーでのアップロードで時間短縮が可能です。

他の移行ツールを検討したが高額だった

転送数無制限かつ複数クラウドサービスに対応しておりますが、定額 以上かかることはありません。

正確に移行されているのかわからない

クラウド移行で必ず起こりうる転送失敗に関してはリトライして確実な移行を実現します。レポートファイルで成功数、失敗数が一目でわかり、詳細な情報はログで確認することができます。

IT担当者がいないので移行方法が難しくてわからない

Data Migration BoxはMicrosoft Windowsのエクスプローラーに近いインターフェイスなので、誰でも簡単に直感的な操作で移行が可能です。

他の業務もあるので、転送業務にかかりきりにはなれない

Data Migration BoxはDMB CLI(コマンドライン)を用意しているので、 バッチを作成して自動化することもできます。

移行にネットワークの帯域をとられてしまい、通常業務に支障が出ないか心配

1時間単位での帯域制御に対応しているので、時間帯で帯域を設定して移行することができます。また、差分での移行に対応しているので、毎回全てのファイルを移行する必要がありません。

一度にクラウドへの運用切り替えができない

差分同期でクラウドストレージをバックアップ先として運用することも可能です。

Data Migration Boxの特長



簡単

直感的にドラッグアンドドロップで移行したり、移行元と移行先を比較して確実に移行できます。



高速

複数ユーザーで並列に移行する機能を利用することで、移行の時間短縮が可能です。
※SSO(Single Sign Onを利用する場合での並列アップロードはできません。)



フィルタリング

容量や日付、拡張子でファイルをフィルタリングし、移行したいファイルだけを移行。平日にはテキストファイルだけを移行するなど、効率的な移行作業を可能にします。




同期

クラウドとオンプレミスの両方を利用していると整合性が取れなくなる事があります。そのような場合でも双方向で同期する機能で両方を全く同じ状態にできます。



自動化

スケジュール機能を利用し、日中業務時間帯のネットワーク帯域を制御しながら少しずつ移行。夜間や休日に帯域をフルに利用した移行が可能です。



レポート

移行レポートが出力されるため、移行の成功やエラーの確認が簡単にできます。また、ログも出力されるため、詳細な情報の確認も簡単です。




低コスト

1ライセンスあたりの定額制で、競合他社製品よりも圧倒的にリーズナブルです。


多彩な機能

データ移行

  • ドラッグアンドドロップで移行可能
  • 差分移行
  • 双方向マージ機能
  • 転送個数無制限
  • 転送時ファイルチェック
  • 更新日付での移行フィルタリング
  • ファイル名、拡張子等で移行フィルタリング
  • ハッシュ比較
  • 260文字を超えるパスに対応
  • スケジューラー機能
  • 移行中断機能
  • コマンドラインでの移行

レポート

  • レポート機能を追加
  • ログ出力機能を強化

転送効率化

  • 大容量ファイルの分割アップロード
  • 分割アップロードを効率化
  • 同時アップロード数の増減
  • 複数ユーザーによる並列アップロード

ユーティリティ

  • ファイル検索機能
  • 時間帯での帯域制御が可能

DMB CLI(コマンドライン)

  • 同期、アップロード等様々なコマンドを用意
  • コマンドラインに戻り値
  • コマンドラインでもログ、レポートは出力可能

利用イメージ

ドラッグ&ドロップで移行



方法A.ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップ/方法B.左側でファイル・フォルダを選んでからコピーボタンを押す。

オンプレミスサーバーとBoxを同期



フィルタリング、ハッシュ比較、差分同期など、さまざまな方式で詳細な同期が可能です。

動作環境

OSWindows 10 (x64)/Windows Server 2016、2019を推奨 (260文字を超えるパス対応)
Windows 8.1 (x64)/Windows Server 2012 R2
(260文字を超えるパスは、非サポート)
CPUCore i5 , i7 , i9(Intel第8世代以降) 相当以上
メモリ8GB 以上を推奨
インターネット接続環境有線を推奨
必須環境Internet Explorer 11 最新版 11.165.x.x以降
Microsoft .NET Framework 4.8の最新版
※ .NET Framework 3.5 は「無効化」する必要があります。

page top