株式会社Too

プロのクリエイティブ現場で求められる精度・品質を持った、推奨モニターです。
デザイン、印刷、出版、デジタルフォトなど、正確な色再現性を必要とする、
あらゆるプロフェッショナルワークをサポートします。
「ColorEdge」シリーズは、古くから多くのクリエイターの支持を受け、高い実績を誇ります。

主な特長

キャリブレーションセンサー内蔵(CGシリーズ)



CGシリーズは、モニター筐体にキャリブレーションセンサーを内蔵。キャリブレーション時のみスイングして現れるため、センサー取付け取外しの手間が省けて効率的です。
単体で定期的なキャリブレーションを実施する「セルフキャリブレーション」に対応し、スケジュール設定することで、不在時でも自動で実行します。
ColorEdgeは、工場出荷時に一台ごとにRGB各色すべての階調(0~255)を調整しています。理想のガンマ値に調整することで、モニターごとにばらつきのない、極めて滑らかな階調表現を実現しています。

Adobe RGBの色域をほぼカバー



広色域Adobe RGBで撮影・現像したデータをほぼ忠実に表示できます。sRGB相当の一般的なモニターでは再現しきれない鮮やかな青空、新緑の緑色を再現でき、クリエイターの表現の幅を広げます。印刷業界の基準色JMPAカラー、Japan Colorもカバー。
また映像制作で使われるDCI規格も95%(CG277)93%(CG247X)カバーし、制作段階から仕上がりの色味を確認でき、スムーズな作業進行をサポートします。




専用カラーマネージメントソフトを用意

写真編集、プリント、Web制作などクリエイティブワークの目的に合った正確な表示ができるよう、ColorEdgeを調整する専用ソフトウェア「ColorNavigator」を付属。パソコンの出力進行を触らずに、直接モニターの表示を調整する「ハードウェア・キャリブレーション」方式で、階調を犠牲にすることなく、性能を活かした精度の高い調整ができます。

暗所での表示に強い引き締まった黒色表現

バックライトを常に点灯して画像表示する液晶モニターの特性上、難しかった黒のディテールの表現力を向上しています。
高コントラスト比で白浮きを抑えた引き締まった黒色を表示でき、映像制作市場など暗所で使用する場合に有効です。

画面表面のぎらつきが少ないIPSパネル採用

複数の人がさまざまな方向からモニター画面を見ても、角度によって白浮きや色変化しにくく、同じイメージを共有できます。また、画面表面のぎらつきが少ないパネルを採用しました。




商品ラインアップ

CG318-4K



■ 仕様

画面サイズ:31.1型
推奨解像度:4096×2160
高色域表示:Adobe RGBカバー率99%
入力端子:DisplayPort、HDMI

■ カラーマネージメント

ハードウェアキャリブレーション
キャリブレーションセンサー内蔵
ColorNavigator 6付属

CG248-4K



■ 仕様

画面サイズ:23.8型
推奨解像度:3840×2160
高色域表示:Adobe RGBカバー率99%
入力端子:DisplayPort、HDMI

■ カラーマネージメント

ハードウェアキャリブレーション
キャリブレーションセンサー内蔵
ColorNavigator 6付属




CG277



■ 仕様

画面サイズ:27.0型
推奨解像度:2560×1440
高色域表示:Adobe RGBカバー率99%
入力端子:DisplayPort、DVI-D 24ピン、HDMI

■ カラーマネージメント

ハードウェアキャリブレーション
キャリブレーションセンサー内蔵
ColorNavigator 6付属

CG247X



■ 仕様

画面サイズ:24.0型
推奨解像度:1920×1200
高色域表示:Adobe RGBカバー率99%
入力端子:DisplayPort、DVI-D 24ピン、HDMI

■ カラーマネージメント

ハードウェアキャリブレーション
キャリブレーションセンサー内蔵
ColorNavigator 6付属




CS2420


■ 仕様

画面サイズ:24.1型
推奨解像度:1920×1200
高色域表示:Adobe RGBカバー率99%
入力端子:DisplayPort、DVI-D 24ピン、HDMI

■ カラーマネージメント

ハードウェアキャリブレーション
ColorNavigator 6付属




キャリブレーションソフトウェア 「ColorNavigator 6」


EIZO独自開発のカラーマネージメントソフトウェア

ColorEdgeシリーズは、高い性能を常に発揮し、デバイス間のカラーマネージメントを確実なものにするために、EIZOが独自で開発した専用カラーマネージメントソフトウェア「ColorNavigator 6」を用意しています。
キャリブレーションセンサーを使ってパソコンの出力信号を触らずに、直接モニターの表示を調整する「ハードウェア・キャリブレーション」を行い、階調を犠牲にすることなく、ColorEdgeの性能を活かした精度の高い調整が可能です。





関連リンク

page top