[造形に興味のある方・デジタルアーティスト必見!]片桐裕司氏×『アニマル・モデリング 動物造形解剖学』出版記念イベント | 株式会社Too

本イベントは終了いたしました。
ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

イベントレポート公開中
このイベントのレポートを見る

当セミナーは受付を終了いたしました。
多数のお申し込み誠にありがとうございました。


ハリウッドにて、キャラクタークリエイター、彫刻家ならびに映画監督として活躍中の片桐裕司氏が
執筆された『アニマル・モデリング 動物造形解剖学』の出版を記念し、イベントを開催いたします。

片桐氏は20年以上に渡り、ハリウッドの第一線で活躍されている傍ら、
クリエイター育成のために定期的に日本全国で彫刻セミナーを開催されています。
参加者生徒の職業は幅広く、造形業の方はもちろんCGアーティストやイラストレーター、建築家、作家、
整形外科医など様々な職業の方が参加しており、東京のクラスはいつもキャンセル待ちになってしまう
人気のセミナーです。
[→彫刻セミナーについて]

デジタル・アナログ造形の指南書としてベストセラーとなっている
『アナトミー・スカルプティング ー片桐裕司 造形テクニックー』に続き、
『アニマル・モデリング 動物造形解剖学』が2017年5月下旬に発行されます。

今回のイベントでは、『アニマル・モデリング 動物造形解剖学』を会場限定で200冊先行販売するほか、
書籍の中で紹介されている動物、キャラクターメイキングの講義を始め、
ハリウッド映画製作現場でのデジタルワークフローなどお話いただきます。

多くの方のご参加お待ちしております。

【対象者】
・造形に興味がある方
・リアルな動物の造形を学びたい方
・キャラクター・クリーチャー制作を学びたい方
・CGクリエーター・デジタルアーティスト
・ZBrushユーザー

【イベント内容】
・動物、キャラクターメイキングの講義
・ハリウッド映画製作現場でのデジタルワークフローや裏話
・質疑応答
・サイン会
・200冊限定書籍先行販売

主催
株式会社Too
協賛
オートデスク株式会社
株式会社日本HP
株式会社ケイズデザインラボ
株式会社トゥールズインターナショナル
株式会社 玄光社
日時
2017年5月13日(土) 
19:00~21:00 (受付開始18:30)

会場
ソラシティカンファレンスセンター sola city Hall【WEST】
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6 
 [→地図]
定員
200名
講師
片桐裕司氏

IA2A2126.jpg 東京生まれ。ハリウッドの映画、テレビのキャラクターデザイナー、特殊メイクアップアーティストとして活躍。
スティーブン・スピルバーグやギレルモ・デル・トロ、サム・ライミなどの著名監督の映画作品に参加。
彼らの映画のキャラクタークリエイションに多大な貢献をしている。

1990年、高校卒業後18歳で渡米。フリーランスで映画、テレビのキャラクター制作に参加。
1999年、世界屈指の工房であるスタン・ウィンストン・スタジオのメインアーティストに就任。
『A.I.』、『ジュラシックパーク3』、『タイムマシーン』、『宇宙戦争』等、数多くの作品に従事。
その後もフリーランスとして様々なクリエイトを続けている。

主な代表作『パシフィック・リム』、『R.I.P.D.』、『マン・オブ・スティール』、
『エイリアン対プレデター レクイエム』、『ドラゴンボール エボリューション』、『ウルヴァリン X-Men Zero』、
『ダレンシャン』、『グリーンランタン』、『世界侵略: ロサンゼルス決戦』、『ダークフェアリー』、
『パイレーツオブカリビアン 生命の泉』、『バトルシップ』、『エルム街の悪夢』『ハンガーゲーム』、
『キャビン』など。

近年、日本において後進を育成するため彫刻セミナーを各地で開催。造形家のみならずCGアーティストを始め
様々な分野のクリエーター達に示唆を与え、その参加人数はのべ1000人を超えている。また氏の著書である
『アナトミー・スカルプティング ー片桐裕司 造形テクニックー』は美術書としては異例の7刷のベストセラーとなっている。

”GEHENNA ~死の生ける場所”のクオリティーが認められ、
2017年はすでにアメリカで2本の監督作品が決まっている。
受講料
無料(事前登録制)

page top