Apple Financial Service(AFS)は、月々の支払い費用を抑えながら最新の端末をご利用しやすくする、Appleが提供する特別なオペレーションリースサービスです。
費用対効果の高い方法で、端末ライフサイクル管理や財務処理の手間を削減します。


AFS.png

AFSのメリット

・社員、生徒に常に最新の環境を

Apple Financial Serviceでは、リース期間の途中でも中途解約のペナルティがありません。
短い期間で柔軟に端末ライフサイクルを回すことで、作業環境を最新に保つことができます。

・総支払額を抑えつつ、他製品サービスも月々支払いで

Appleによる残価補償により、端末に対する総支払額を抑えることが可能です。
また、キッティングサポートやMDMといったApple以外の製品・サービスもリースに組み込むことができるため、初期導入時にかかる支払額を抑えることができます。

・賃貸借(オフバランス)処理が可能

Apple Financial Serviceは通常のファイナンシャルリースと異なり、賃貸借処理が可能なリース契約です。
財務指標の改善を図り、経理処理の手間を削減することができます。
*処理についてはお客様の会計基準によります

動産総合保険で故障時も安心

Apple Financial Serviceには新価特約付動産総合保険が付帯するため、アクシデンタル故障の修理代は保険申請が可能です。
契約期間中は物件価格相当を限度額として、年月経過による逓減無しで、故障時の修理を受けられます。
※実際の保険認定に関する可否判定は、損害保険会社が行います。

AFSご利用のお客様向けに、修理交換フローを簡易化しつつ、自然故障対応も含むよう保証範囲を拡張する専用サービスもございます。
Tooがご用意する専用窓口で受け付け、修理の実施や請求手続き等を代行いたします。

main.jpg

※AFSの契約に際して、購入台数や審査などの条件がございます。詳しくはお問い合わせください。


TooはAppleデバイスの組織導入を、全面的にサポートしております。

▶︎Apple製品・サービスページTOP



詳しくはお問い合わせください。

page top