Macをリースで導入するなら、法人専用のAFSがおすすめです!

Apple Financial Services(AFS)は、月々の支払い費用を抑えながら最新の端末をご利用しやすくする、Appleが提供する特別なオペレーションリースサービスです。
費用対効果の高い方法で、端末ライフサイクル管理や財務処理の手間を削減します。

一定以上の規模・設立年数の法人で、与信を通過した組織のみご利用いただけるサービスです。

学校法人の場合は原則与信の必要はありません。



Apple Financial Services(AFS)によるM1 Macの導入

Apple製品は長く使えるように作られており、その残存価値は業界でも最高レベルです。
この前提に基づいて、AFSは製品の将来価値をあらかじめ保証し、総支払額を抑えつつ月額支払いが可能となります。
法人及び教育機関でのみご利用いただける、特別なオファーです。

costsave_m1.png
costsave_m1pro.png

※ Apple Financial Servicesの利用には、リース会社による与信承認が必要です。個人の方はご利用いただけません。
※ コストセーブ率は概算です。金利情勢の変動や与信状況等により変更となります。正式な月額コストはリース開始時にお見積もりいたします。
※ 販売価格が20万円を超える端末のリース料には固定資産税が含まれます。

詳しくはお問い合わせください

AFSのメリット

柔軟に端末と期間を選択

Apple Financial Servicesでは、1~4年の中短期でリース期間と使いたい端末(Mac/iPad)を自由に選択することができます。
期間終了後は原則返却となりますが、リース延長・買取も選択可能です。 CTO(カスタマイズモデル)も、Automated Device Enrollmentもご利用いただけます。

また、AFSは与信を通過していれば、台数を問わずご利用いただけます。

総支払額を抑えつつ、月々支払いで導入を容易に

AFSを利用すれば、これまでに無いほど端末に対する総支払額を抑えることが可能です。
頻繁に更新したいエンジニア・デザイナー用端末や、3年周期で利用される生徒用端末など、短い期間でMacやiPadを利用する計画が組みやすくなります。

賃貸借(オフバランス)処理が可能

Apple Financial Servicesは通常のファイナンシャルリースと異なり、賃貸借処理が可能なオペレーティングリースです。
資産としての計上が不要なため、経理処理の手間を削減することができます。
*処理方法についてはお客様の会計基準によります。

動産総合保険で故障時も安心

Apple Financial Servicesでリースする端末は、返却が前提となるため故障した場合は必ず修理が必要です。

AFSにはリース会社による新価特約付動産総合保険が自動で付帯するため、アクシデンタル故障の修理代金は保険申請が可能です。
契約期間中は、物件価格相当を限度額として、年月経過による逓減無しで、故障時の修理を受けられます。
※実際の保険認定に関する可否判定は、損害保険会社が行います。
※動産総合保険では自然故障は対象外となります。自然故障への対応は後述する弊社保証サービスをご参照ください。

動画でご紹介します

Apple Financial Servicesの仕組みと周辺サービスについて、詳細をウェビナー形式でご紹介しております。
※視聴には登録が必要です。

apple-afs_main.jpg

ウェビナーページへ


保証範囲の拡張と請求代行

AFSご利用のお客様向けに、修理交換フローを簡易化しつつ、自然故障対応も含むよう保証範囲を拡張する弊社の専用サービスをご用意しております。

■専用窓口で受付し、正規サービスプロバイダとして修理を実施
■面倒な請求手続き等を全て代行
■故障した端末のピック&デリバリーも対応

故障時は弊社までご連絡いただき、修理された端末を受け取るだけで修理交換が完了します!

main.jpg

あんしんパックAFSページへ



※AFSの契約に際して、審査などの条件がございます。詳しくはお問い合わせください。


TooはAppleデバイスの組織導入を、全面的にサポートしております。

▶︎Apple製品・サービスページTOP


page top