本イベントは終了いたしました。
ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

実践的なカラーコミュニケーションを実現

「色」について、あらためて知識を確認したい方必見

「現場に立ち合わないと色が合っているか心配」
「CMYKで色の指示をしているのに色が合わない」


このような場面に、しばしば困惑されるようなことはございませんでしょうか? 
デザインや製品を作る上で欠かすことのできない「色」について、あらためて知識を確認してみたい方に最適なウェビナーです。

同じデザインパッケージを複数の印刷会社に発注すると色が違って納品されたことはありませんか。
皆さんは色の指定はどの様な指示をされているのでしょうか。色指定にはPANTONEやDICなど色見本帳の色番号、CMYK値、特色など色指定の方法によって注意が必要になります。
例えばCMYK値で指定をする際にはインキや用紙などによって色の再現性が異なり、意図した色に仕上がってこないことがあります。

CMYK値が色を特定していると、勘違いされている方も多くいらっしゃいます。
印刷会社とのやり取りを繰り返し行うことにより、時間やコストが増え、商品の投入遅延による機会損失にも繋がってしまいます。
色の確認を気軽に立ち合うことが難しくなった昨今の状況下で、効率的なカラーコミュニケーションを図るために実際のアプリケーションを使用して紹介してまいります。

ブランドオーナーのパッケージデザイン(品質管理含む)を担っている方や、色管理にご興味のある方など、是非ご視聴ください。また後日の開催となりますが、ご興味を持たれた方向けに、個別での相談会なども予定しております。そちらもご参考にしてください。

オンライン開催ですので、インターネットに接続できるPC、もしくはスマートフォン・タブレット端末があればどこからでも気軽にご参加いただけます。

<具体的な内容>

・色の基礎知識の再確認 ・Lab、CMYK、RGBとその特性 
・カラー設定
・カラーモード
・プロファイルとその指定
・ブランドカラーの指定とそのデータの関係
・プロセスカラーと特色の使い分け

※プログラム内容、講師は都合により予告なしに変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※視聴には事前登録が必要です。

主催
株式会社Too
協力
ビデオジェット・エックスライト株式会社
日時
2022年1月19日(水)13:00-14:00 LIVE配信
講師

koshi_2022_tomikawa.jpg ●冨川 丈司(トミカワ ジョウジ)氏
ビデオジェット・エックスライト株式会社
セールス&マーケティング部 担当営業部長
2004年エックスライト社入社
カラーマネージメント製品の販売に携わる。 最近では、産業系の品質管理、パッケージ業界の色管理、CCMなどの販売を行っている。 コロナ禍での、色の数値管理の要望が急激に増加している。


adobews_koushi1705.jpg ●前田 勝規
株式会社Too ICTサービス部 トレーニング課
Too Training Center Desi(デジ)東京校講師 
前職の印刷会社での現場経験、Tooでの多数のDTPシステム構築などサポート実績を元に、セミナーを聞いたお客様がすぐに自分の環境で試してみたくなるような内容をお届けできるように日々研鑽中。声の大きさには自信あり。

受講料
無料(事前申込みが必要です)

page top