受付中

組織で考えるべきAppleデバイスのセキュリティ

危険なWEBサイトへのアクセスやモバイルデバイスの業務外利用、可視化できていますか?

本ウェビナーは、「組織で考えるべきAppleデバイスのセキュリティ」をテーマとして、Jamf社のセキュリティソリューションをご紹介するウェビナーシリーズの第二回目です。
今回のテーマは「Appleデバイスの安全なインターネット活用と柔軟なポリシーコントロール」。
業務用にiPhoneなどのモバイルデバイスを企業が配布することが増え、教育現場でも生徒がiPadなどのデバイスを活用することが当たり前になっています。
未然にトラブルを防ぐためにも、想定外の利用でデータ通信を圧迫していないか、従業員や生徒が危険なWEBサイトへアクセスしていないかなど、管理者が確認する必要があります。

本ウェビナーでは、組織におけるコンテンツフィルタリングの現状と課題について、Jamf×Tooの2社で掘り下げ、課題解決に適切なJamf社のソリューションをご紹介します。

Jamf社はこれまで、様々なセキュリティ製品を提供しておりましたが、セキュアな管理と運用を包括的なソリューションとしてご提供する「Jamf Trusted Access」の考え方の一環として、2023年1月よりセキュリティ製品を整理統合し、新ラインナップでのご提供を開始いたしました。
新しくなった製品ポートフォリオについても、本ウェビナー内でご紹介いたします。

オンライン開催ですので、インターネットに接続できるPC、もしくはスマートフォン・タブレット端末があればどこからでもご視聴可能です。

<ウェビナー内容>

・Jamf 新製品ポートフォリオのご紹介
・リモートワーク環境下での脅威とコンテンツフィルタリングの必要性
・コンテンツフィルタリング+データ通信可視化ソリューションのご紹介
・Too・Jamf、2社対談:コンテンツフィルタリングのトレンドと課題

<こんな方におすすめです>

・企業/学校でiPad/iPhoneを導入しており、セキュリティについて気になっている
・リモートワーク環境でのセキュリティについて気になっている
・社用iOSデバイスの利用実態を把握したい
・児童/生徒が安全にデバイスを使っているか確認したい
・モバイルデバイスでのWeb利用に一定の制限をかけたい
・通信コストを削減したい
・Jamf製品の新しいポートフォリオを知りたい



主催
株式会社Too
協力
Jamf Japan合同会社
日時
2023年2月3日(金)16:00-17:00
会場
オンライン開催(全国どこからでも参加可能)
講師
Jamf Japan合同会社 金崎 崇 氏
Jamf Japan合同会社 飯田 拓也 氏
株式会社Too 福田 弘徳
受講料
無料(事前申込みが必要です)

お申し込み

下記申込みページよりお申し込みください。 折り返し、ウェビナー視聴のご案内をお送りいたします。

※本ウェビナーにて取得するお客様の個人情報は、本ウェビナーにご参加のお客様の登録、お客様情報の管理、お客様とのご連絡、お客様からのお問い合わせへの回答、また、Jamf Japan合同会社並びに株式会社Tooが提供するソフトウエア及びサービスに関する情報提供等の目的の範囲で共同で利用いたします。責任者は、株式会社Tooです。
各社によるお客様情報の収集、使用、開示、移転、保管に関しては、下記の各社プライバシーポリシーをご参照ください。
・Jamf Japan合同会社プライバシーポリシー:https://www.jamf.com/ja/privacy-policy/
・株式会社Tooプライバシーポリシー:https://www.too.com/company/privacy.html

確認画面はでません。

個人情報の利用目的について

お預かりしました情報は、以下の目的にのみ利用させていただきます。

  • お見積、受注、商品手配、商品発送、納品、請求、入金処理等の取引全般
  • 業務上のご連絡
  • お問い合わせ、お申し込みに対する対応
  • 弊社および関連会社の営業活動における資料
  • 市場調査活動における資料
  • 弊社発行のメールマガジンや各種情報提供の源泉として
  • 広告配信事業者を利用した行動ターゲティング広告の配信
  • 取得した閲覧履歴や購買履歴等の情報を分析して、趣味嗜好に応じた情報の提供

個人情報保護方針

※Tooウェブサイトからの送信フォームはSSL暗号化通信に対応しております。

page top