体験をDXする



お客様のビジネスに最適な
メタバースプラットフォームと活用法をご提案





世界トレンド1位2位独占!キズナアイxRライブの作り手が語るメタバースの現実

ウェビナー一覧へ



metaverse

  • #シミュレーション
  • #レビュー
  • #学習
  • #体験
  • #ブランディング
  • #コミュニケーション
  • #エンゲージメント
  • #プロモーション
  • #タレント
  • #収益・販売
  • #情報発信
  • #デジタルツイン
  • #イベント
  • #市場開拓
  • #新規ビジネス
  • #DX
  • #UX
  • #ゲーム
  • #町おこし
  • #会議

メタバースの語源は、「Meta(超越)」と「Universe(宇宙)」を組み合わせたものです。
インターネット上の仮想空間に自分の分身となる「アバター」を介して参加することで、現実世界と同じような活動だけではなく、現実世界では難しかった新しい価値の創造に期待が高まっています。
今は、VRをはじめとしたxRなど従来の概念も飲み込んで「広義のメタバース」として語られる機会も増えています。
企業の皆様が期待するさまざまなメタバースのビジネス活用に対して、最適なプラットフォーム選定から、ビジネス活用に必要なサービスやソリューションまでワンストップでご提案致します。


製品・サービス


メタバースプラットフォーム



用途に合わせて最適なメタバースをご提案



メタバースプラットフォーム選定

お客様のビジネス活用に最適なメタバースプラットフォームをご提案します。
目的、提供する主なサービス、参加人数、参加形態(ヘッドマウントディスプレイの有無)など検討するポイントは多岐に渡ります。

お客様独自のカスタマイズ

メタバース空間のデザイン、アバターやプロダクトなどお客様オリジナルコンテンツのメタバース内への組み込みなど、お客様のビジネスに合わせてメタバースプラットフォームをカスタマイズします。


ビジネス活用

活用の分野・用途はさまざまです。お客様のビジネスで活用できるご提案をいたします。


産業・教育


プロダクトデザインレビュー

試作の前段階で精度の高いレビューが可能です。見た目だけではなく、利用感まで含めたリアリティのあるレビューも期待できます。より良い顧客体験を提供できる製品の開発にご活用ください。

詳細を見る

技術習得・トレーニング

技術者の育成の効率化が期待できます。1拠点に集合するさまざまなコストや、紙のマニュアルでは理解が難しい操作方法や手順のレクチャーにお困りではありませんか?バーチャル空間で実物のように扱うことで、より効率的な技術習得が期待できます。

詳細を見る



オンライン学習

従来の教室での授業からビデオ会議システムの活用など、学習のスタイルも変化を続けています。さらにメタバースを活用した新しい体験型の学習スタイルにチャレンジしてみませんか。

カンファレンス(会議)

自分の分身となる「アバター」を介して参加することで、それぞれが遠方にいながら現実世界と同じようなコミュニケーションがとれ、活発な意見交換やよりリアルなディスカッションが期待できます。



マーケティング


商品発表・プレスリリース

メタバースを活用することで、参加型・体験型のイベントがおこなえます。メタバースならではの演出を加えて、より印象的なプレゼンテーションはいかがでしょうか。

展示会

オンライン展示会の効果に不満を感じていませんか? メタバース空間ならセミナーはもちろん製品の購入や、 利用・体験シミュレーションもおこなえ、高いプロモーション効果が期待できます。



体験会

実際に使ってもらえれば、手にとってもらえれば良さがわかるのに!そういったマーケターや製品開発者の声はよく聞かれます。メタバースは、静止画や動画でおこなっていたプロモーションに加え、体験までをセットにしたプロモーションツールとして期待できます。

体験型空間

「来て・見て・知って」にもメタバースは期待できます。 商品やサービスの紹介はもちろん、地域や町が主催するイベント、町おこしイベントへの活用はいかがでしょうか。メタバース内に地域ならではの建物や街並みの再現も可能です。



エンターテインメント


コンサート

バーチャルタレントだけではなく、リアルタレントの活躍の場としても活用できます。バーチャル空間ならではの表現ができ、今までにはなかった体験をファンにもたらします。場所に制限されない集客も期待できます。

体験型イベント

複合型のイベントにもメタバースを活用できます。 複数のステージでのコンサートやダンスイベント、コミュニケーション広場やゲームなど、今までのインターネットでは実現が難しかったユーザー体験が期待できます。



page top