誤送信防止のための7つのアプローチ


誤送信対策や情報漏えい対策を取り入れたメールセキュリティの構築は、もはやどの企業にとっても取り組むべき必須の課題だといえます。
Active! gate SS(アクティブゲートエスエス)は、メール経由の情報漏えいを未然に防止する7つの誤送信防止機能をメールソフトやサーバーなどの環境に依存しないクラウドシステムで実現し、企業のメールセキュリティを飛躍的に向上します。


人的ミス、意図的な情報漏えいに関わらず、「Active! gate SS」はこれらをシステムによる対策でカバーします。


送信メールの一時保留

設定した条件によって送信メールを一定時間隔離・保留し、「うっかりミス」を防ぎます。


TLS確認機能(PPAP対策)

受信メールサーバーがTLS対応(暗号化通信)しているかを確認し、添付ファイルにパスワードをかけずに送ることもできる機能です。


添付ファイルの暗号化

メール送信時に添付ファイルをパスワード付きのファイルに自動変換します。
(※)「添付ファイルWebダウンロード機能」のご利用を推奨


上司承認

メール送信者の上司(承認者)が承認しない限りメールが送信されません。上司がメールの内容を精査した上で社外に送信されます。


添付ファイルのWebダウンロード

添付ファイルをメール本文と分離し、パスワードを利用して別途ダウンロードします。

フィルタリング

送信者、受信者、ドメイン、キーワード、添付ファイルの有無、時間帯等、さまざまな条件で送信メールをフィルタリングする機能です。


ヘッダー変換(Bcc強制変換・Cc/Bccの自動付与)

ToやCcに一定個数以上のアドレスがある場合、Bccに自動変換します。また、設定した条件によってCc/Bccに宛先を自動挿入します。



Microsoft 365、Google Workspace、LINE WORKSとの連携でクラウドメールのセキュリティを強化


企業のメールシステムをMicrosoft 365やGmailやLINE WORKSなどのクラウドメールに移行する流れは加速していますが、クラウドメールの標準機能だけでは企業のセキュリティニーズを十分に満たすことができません。
Active! gate SSは、送信メールの一時保留や添付ファイルのWebダウンロードなどの機能を環境に依存しない柔軟なシステムで導入し、クラウドメールの安全な運用を実現します。


セキュリティ機能と高い信頼性でビジネス利用に最適!


Active! gate SSは、ビジネス利用に欠かせない高いセキュリティレベルはもちろんのこと、24時間・365日安心の高い信頼性でお客様のビジネスをサポートします。

24時間・365日の安心

障害対応は年中無休の24時間365日体制。専用のサポートダイヤルをご用意しています。

SLA(品質保障制度)99.9%

二重化されたシステムにより、SLAは稼働率99.9%を保障。ビジネスに信頼性の高いサービスを提供します。


●Active! gate SS(アクティブゲートエスエス)は、株式会社クオリティアにおける  登録商標または商標です。●本ページに記載されているシステム名、製品名は   、一般に各開発メーカーの登録商標あるいは商標です。なお本文中では、TM、©マークは明記していません。●2022年9月時点での情報を元に掲載した内容です。


page top