クリエイティブ、そしてどこにいても生産的に

Miroはオンラインで利用できるホワイトボードにより、ビジュアルコミュニケーションを実現します。無限に広がるキャンバスに目的に応じたさまざまなテンプレートやフレームワークを活用して、書き込みやコミュニケーションが可能です。クリエイティビティを最大限に発揮しながら、課題解決など生産性の高い業務を遂行できます。

世界中で3,000万以上のユーザー、Fortune100の95%がMiroを活用しています。(2022年2月現在)

Miroの特長

イノベーションをより速く





無限のキャンバス/豊富なテンプレートとフレームワーク

無限のキャンバスを使って、部門を超えたディスカバリーとブレインストーミングが可能

付箋、ペン、矢印などの豊富な描画ツール / 画像やファイルも添付可能

キャンバスには、思考を表現豊かに描画できるツールを用意

リアルタイム・コラボレーション

チームで同時に意見交換をしながら、課題を解決

モバイルアプリ

場所を選ばずプロジェクトに参加

マルチクラウド連携

使い慣れたクラウドサービスとスムーズに連携

エンタープライズ・セキュリティ

顧客情報や提案内容、事業企画などの各種機密事項を安全に保管

導入事例:株式会社コンセント 様

「Miro上でのコミュニケーションに加え資料を集約、
完成までのプロセスが可視化され納品物としても活用」

  • 視覚的に情報を捉えやすく、オンライン主体のコミュニケーションでもスムーズにプロジェクトを進められている。
  • 最近はMiroで作成した完成までの形跡も活用したい、というクライアントも増えている。
  • 資料をすべてMiroに貼り、ふせん機能でおこなうコミュニケーションを議事録にすることで、Miroに情報を集約できた。
  • アイデア出しやディスカッションでの発言に慣れていないメンバーも、まずは書きこみできることで議論が活発になったと感じている。 ..など

Miro導入事例:株式会社コンセント 様を見る

Miroの機能



カーソル追跡


投票


タイマー



ビデオチャット


コメント


絵文字


利用シーン(テンプレート)

150以上のテンプレート + Miroverse(ユーザーコミュニティ)がご利用いただけます


ブレインストーミング


デザイン思考



ビジネスモデルキャンバス


ペルソナ



カスタマージャーニーマップ


ユーザーストーリーマップ


マルチクラウド連携

さまざまなクラウド製品と、スムーズな連携が可能です。

  • Box
  • Dropbox
  • Adobe Creative Cloud
  • Notion
  • Slack
  • Teams
  • OneDrive
  • Google Drive
  • Sketch etc...

エンタープライズセキュリティ



MiroインフラストラクチャはAWS内でホストされており、世界中のリージョンでAWSコンプライアンスおよびセキュリティプログラムをオーバーレイおよび強化しています。これは機密性、データ主権、およびデータプライバシー規制を保護しながら、国際的なセキュリティ基準および規制に従うように設計されています。

  • SAMLベースのSSO
  • SCIMプロビジョニング
  • ドメイン管理とホワイトリスト
  • カスタム共有ポリシーとチームプライバシー
  • グローバルデータセンターのセキュリティ

プラン

Free
Business
Enterprise
年額 24,960円 / ユーザー
(ユーザー数:10〜)
お問い合わせください
(ユーザー数:30〜)
  • 3つの編集可能なボード
  • テンプレート
  • 外部連携 標準(Zoom、Slack, Microsoft Teams, Trello, Zapier, Google Drive, Microsoft One Drive, Dropbox, Box, Sketch, Unsplash, 他)
  • ベーシックなアテンション機能. (ボード内のエリア誘導)
Free +
  • 無制限のボード
  • ボードの外部共有
  • カスタムテンプレート
  • プロジェクト(フォルダ)
  • プライベートボード
  • Miro Smart Diagramming [NEW]
  • Miro Smart Meetings[SOON]
  • シングルサインオン(OKTA, One Login, Auth0,他)
Free +
Business+
  • 複数のチーム
  • 高度なセキュリティ機能と監査ログ
  • SIEMインテグレーション
  • データガバナンス(オプション)
  • 高度なユーザー権限管理
  • SCIMユーザープロビジョニング
  • Flexible Licensing Program
  • 専任のカスタマーサクセスマネージャー
  • Azure DevOpsとCA Rallyの統合


page top