集客・分析をユーザーフローに沿って考える

SEOやアクセス解析を実施する目的は、最終的にウェブサイトで問い合わせや購入などの成果(コンバージョン)を得ることです。しかし、その結果を得るためにSEOやアクセス解析を実施といっても、どこから手をつけていいか戸惑ってしまいがちです。そこで、サイトにユーザーが訪れる際の行動のフローに基づいて、そのフローに対して施策を行うことで、やるべきことが明確になります。

集客の基礎を学ぶ

Adwordsの画面

集客の中で、重要なのが検索流入です。検索流入ユーザーは明確な目的を持っており、コンバージョン獲得という目的に対して、質が高いのが特徴です。質の高い流入を増やすことは、問い合わせや、商品購入などのコンバージョンを得る上で重要です。
自社のサイトに訪れる方が、どんな人でどんな客層なのか、その属性を理解されていますか?マーケティングの「STP」=セグメント・ターゲティング・ポジショニングという概念の解説を踏まえ、集まったお客様が結果として、自社の顧客像と近いのか離れているのか、現状の傾向を掴むことからはじめていきます。

カリキュラム

スライドサンプル
スライドサンプル

※ クリックすると詳細が見られます。

今、訪れているユーザはどんな層?
  • 自社サービスで狙いたいユーザー層を把握していますか?
  • インターネットは「セルフサービス・チャネル」
  • 競合他社比較事例
  • 失敗するネットマーケティング
  • 「コンセプト ダイアグラム」を組み立てる
  • サイトマップ設計
  • 成果の上がるネットマーケティング
  • 集客の基礎は「検索」から
キーワード分析とユーザー・グルーピング
  • 集客に大きく影響するキーワード
  • SEOは「キーワード」選びが最も大事
  • ビッグキーワードとは?
  • ビッグキーワードと捉え違う大きなミス
  • キーワード接触機会とは?
  • キーワードをグルーピング
認知/潜在/顕在、それぞれの分類と流入傾向
  • 集客方法の違いとネット広告の全体像
  • 上位表示するサイトの状況を調査
STP=差別化を取り入れたコンテンツで ポジションを設計する
  • 戦略:ウェブマーケティング基礎
  • STP ターゲット/市場分析(競合比較分析)実例
カスタマージャーニーマップの概念を取り込んだ基礎ワーク
  • 競合他社との戦略比較キャンバス
  • 5大要因から強みとなるコンテンツを探す
  • 「自社のブランディング」の構築
  • 競合他社を把握するポイント
  • カスタマージャーニーマップとは?
  • カスタマージャーニーマップを作る目的
  • 実例
新しい顧客像を考える
  • 顧客像=ペルソナモデルを生成する
  • サイトのコンセプトを『5W2H』で明文化する

お申し込み

講座名はじめての集客分析
受講料(税別) 3人パック 79,500円(26,500円/人)
4人パック 99,800円(24,950円/人)
5人パック 118,000円(23,600円/人)
配布物スライド資料
場所東京都港区虎ノ門3-4-7 虎ノ門36森ビル 地図を見る
講座レベル ★☆☆(初心者向)
先着順受付中!日程調整可能です。

page top