Too AI SUITE | パッケージチェックシステム構築サービス



パッケージ校正の課題を解決します

TooAI SUITE「パッケージチェックシステム構築サービス」はお客様独自の校正システムを構築するサービスです。表記原稿とデザインデータの自動突き合わせの他、業界や企業の固有ルールなどレギュレーションチェックも含めた自動校正を可能にします。



省人化・効率化

正解があるものはできる限り自動化し、精神的な負荷を低減したり、本来のクリエイティブな業務に集中したい。


文字の突き合わせ以上のチェック

原稿とデザインの記載内容の突合わせだけでなく、「ルールに沿った表記」「フォントのサイズや種類」等のチェックしたい。


汎用ツール以上の機能

自社独自のワークフローやルールに対応できるシステムを探している。



ユーザー事例


カルビー株式会社
「ポテトチップス」や「フルグラ」といったシリアル製品などを製造・販売するカルビー株式会社様。商品パッケージの校正業務を効率化し、本来の業務に集中できる環境づくりを目的にプロジェクトを立ち上げ、パッケージ・ドキュメント制作の校閲や検査などを自動化する、AI/RPAソリューションTooAI SUITEを導入されました。導入の経緯や効果を伺いました。

お客様のパッケージ業務に特化したクラウドシステムを構築します


お客様独自の校正ワークフローに対応

商品パッケージの表記ルールは企業によってさまざまであり、企業独自のルールは当然ながら、法律や業界で定められているルールであってもパッケージに記載する際の表現や対応は企業毎に異なります。そのため、表記ルールも含めたデジタル校正で省人化・効率化を目指すには、「お客様専用の校正システム」を構築することがポイントです。

食品パッケージであれば「食塩相当量」の括弧や、栄養成分表示の内訳表記の記載ルールのチェック、化粧品や医薬品パッケージであれば薬事法で定められた禁止用語など、お客様のご要望に合わせたチェックプログラムを相談しながら開発していきます。


下記のような検査の自動化を目指します


原稿とデザインPDF自動突き合わせ

表示原稿が制作中のデザインPDFに正しく記載されているかを自動でチェックします。



フォントサイズやフォント種類の自動チェック

ルールに反したフォントサイズやフォント種類が使われていたらマーキングで注意喚起をします。



マークやロゴの自動チェック

識別表示や企業ロゴの有無、サイズを自動でチェックします。



その他、ご希望のチェック項目がございましたらお問い合わせください。


TooAI SUITE「パッケージチェックシステム構築サービス」を選択する理由

お客様の課題やご要件に合わせて校正システムを構築できる

既存のサービスやツールではチェックできないようなお客様固有のルール等、欲しい検査プログラムを備えたデジタル校正システムに作り上げることができます。お客様が採用されているチェックポイントのうち、システムが判断可能な項目の確認を校正システムに置き換えることで、校正業務の省人化・効率化が目指せます。

お客様が採用しているチェックルールをシステムに集約できる

業界の表記ルールや企業の独自ルールが明文化されていない場合は新任のご担当者様への引き継ぎや教育が困難となります。また、校正業務の経験数によってチェックの品質に差が生じるといったケースもお伺いしています。お客様専用の校正システムにチェックルールを集約していくことで、ご業務の属人化を防ぎ、誰が校正しても一定の品質を保つことができます。

テレワークで利用できる

クラウド上にお客様の校正システムを構築するため、ネットワーク環境がある場所であればご利用可能です。


クリエイティブの総合商社ならではの知見を活かしながら、「パッケージデザインアセスメント」をシステムの根幹に

デザインに関わるお客様と長年のお取引をしているTooには、お客様とのコミュニケーションの中で得たご業務内容への理解に加え、これまで培ってきたデザインツールの知見、食品業界をはじめとする数々のパッケージ制作における校正業務効率化のご提案経験があります。

これらを踏まえ、「この箇所はなぜこのような表記をすべきなのか」「このデザインを実現するために、デザインツール上のこの機能を使う必要がある」といった表記やデザインの理由・背景を理解した上でシステム開発にそのノウハウを生かすことができます。こうした「パッケージデザインアセスメント」をシステムの根幹とすることで、お客様それぞれにフィットしたお役に立つ校正システムを実現いたします。


お客様のご要望に合わせた
システム開発を承ります


page top