パッケージ制作の工程で起こる記載ミスの削減をサポート

sowaos(ソワオス)とは

sowaosは、商品パッケージデザイン完成までのあらゆる段階において、表記ミスの発生防止やチェックミス軽減する、制作支援・ 校正サービスです。

「パッケージデザインアセスメント」に基づいた校正システム

パッケージデザインをはじめとするクリエイティブワークのノウハウをベースにToo独自に開発

パッケージデザインは、商品を手に取る消費者に正確な情報を伝え、かつ魅力をアピールするために、企業ごとに数々の配慮や工夫が凝らされています。そのこだわりを実現したパッケージは、記載内容を検討する商品担当者のご経験や知識はもちろん、デザイナーの緻密な制作スキルによって成り立っています。

Tooは、クリエイティブに関わるお客様とのコミュニケーションを通して培ってきた業務理解に加え、食品業界をはじめとする数々のパッケージ制作過程での業務負担を軽減するお手伝いをしてきました。 「sowaos」は、表記やデザインの理由、その背景を理解した「パッケージデザインアセスメント」に基づいたパッケージ制作データ校正システムです。



こんな目的でご利用いただけます

1. デザインの制作段階で

デザイン制作時のコピー&ペーストで起こりがちなミスを防ぎ、作業効率を向上

パッケージ制作における「デザイン制作時の原稿からのコピー&ペーストのミス」や「リニューアル前の商品や、他の商品パッケージデザインを転用する過程での消し忘れ」などのチェックは細心の注意を払っていても漏れてしまうリスクがあります。記載内容が過不足なくパッケージに記載されるかどうかはデザイン後のチェック作業だけでなく、工程で発生するミスをいかに減らせるかもとても重要です。

sowaosには、Adobe Illustrator上で利用できる流し込み&校正オプションが用意されています。ミスの発生そのものを防止し、デザイナーの作業効率向上、心理的負荷を軽減します。

2. 完成したパッケージデザインの校正段階で

原稿が正しくデザインPDFに載っているかチェック!

sowaosは、多くの商品に共通している表記のパターン(「一括表示」「栄養成分表示」「アレルゲン表示」など)をあらかじめ把握しています。デザインPDFのレイアウトに左右されることなく原稿が適切に掲載されているかどうかのチェックをsowaosに任せることができます。担当者の負担とチェックミスを軽減します。

パッケージデータを選べば自動でチェック!

パッケージは商品によって大きさや形状が異なり、品質表示表などのチェックしたい項目の配置もさまざまです。sowaosは、パッケージのサイズやレイアウトに関わらず自動でエリアを認識するため、エリア指定をする必要がありません。

※この機能には条件があります。詳しくはご相談ください。


表記指示書の必要な部分だけを自動識別!

表記指示書の記載ルールが統一されていれば、sowaos内で原稿を読み替えるので、チェック用に原稿を作り替える必要がありません。

※ この機能には条件があります。詳しくはご相談ください。

原稿とレイアウトの表示が異なる場合もチェック可能!

表記指示書にはない記号等をデザインPDFに記載するなど、独自の表示ルールがある場合もあります。この場合は、通常の校正ツールではエラー表示になってしまいますが、sowaosでは必要なルール等を考慮したチェックをおこないます。



sowaosの機能

必要な機能を組み合わせて利用できます。

sowaosはパッケージのあらゆる制作段階に合わせた機能の中から、ニーズに合わせて必要な機能だけを導入でき、コストを抑えることができます。ニーズに合わせて必要な機能だけを導入できコストを抑えることができます。また、基本機能にない機能はカスタマイズすることも可能です。



機能の詳細へ


sowaosから始めるパッケージ制作のDX

商品パッケージは社内ルールの変更や法規制へ対応して制作する必要があり、また商品によりさまざまなパターンが存在するケースが多くあります。記載ルールが明確に存在しない場合には、商品ごとやデザインの依頼先ごとにチェックをしたり、担当者や商品によって基準が曖昧になりがちで、基準自体が属人的になってしまうこともあります。

sowaos制作支援・校正サービスを利用して可能なところから少しずつ校正のデジタル化を進めることで、パッケージの記載に必要なルールが明確になり基準化していくことができます。



page top