パッケージデザイン向け文字検版支援ソフトウェア「フォルトファインダープロ」

近年、契約書・操作説明書・仕様書等の文書ファイルのPDF電子文書化が大幅に進行していますが、これらの作成された電子文書に対して、相違点を容易に識別するソフトはあまり存在せず、未だに目視によるチェックに頼らざるを得ません。
こういった「違いを見つけたい」あるいは「同じであることを確認したい」というニーズに対応できます。大量の文章でも自動又はサーバー上で一括処理の比較を行うことで、大幅なコストダウン/省力化を実現することができます。





原稿と組版後の校正(文章比較)を効率化

データ目視チェック作業を軽減、人件費を削減できます。



原稿どうしの文章比較で一括処理したいケース
(Word⇔Word / Excel⇔Excel)
原稿と組版等でファイル形式がことなるケース
(Word⇔PDF / Excel⇔PDF / HTML⇔PDF)
レイアウトへの原稿流し込み時のトラブル
Word/Excelなど...からInDesign /FrameMakerに流し込んだ時点での文字化け/欠けの検知
組版の前後でレイアウトが大幅に異なるケース
作業ミス/段落の一部が抜け落ちたりしていないか 等...の確認(Word⇒2段組、Excel表⇒3段組)

大量ページの比較をしなければならない場合に、特に有効です


● 契約書等の法務文書の管理

積算表等表形式の文書の比較にも適用できます。一文字の違いもおろそかにできない分野では、「絶大な効果」 を発揮します。

● 仕様書や操作説明書等改訂を繰り返し行うシステム開発等

「修正点を明確にしなければならない」用途にも利用できます。修正結果を報告するフォーマットとして活用できます。




導入メリット




省力化によるコストダウン

電子的に比較を行うことで、目視作業と比較して作業時間の短縮が見込めます。



視覚的に簡単操作

特に各種比較機能及び、比較結果出力機能を充実。「簡単」に比較操作を実施、「容易」に相違点を判別、「お手軽」に比較結果を保存できます。



比較の精度向上

目視による比較作業の省力化と、簡単作業につきものの変更点の見落とし等のヒューマンエラーを大幅に削減できます。


機能の特長


  • 形式/レイアウトが異なるドキュメントの差分抽出
  • 差分一覧(変更履歴)の出力
  • 差分一覧(変更履歴) ⇔ 本文の相互リンク
  • 比較したい範囲の指定機能
  • フォントチェック機能 (MS明朝/MSゴシック→UD系フォント など...お客様 の指定フォントに正しく変更されているか?)
  • マーキング機能(特定文字のチェック)
  • 同一文字チェック(無視してほしい差分、(例) 半角全角の括弧ハイフン)


文章比較は簡単3ステップ




1. 比較するファイルを用意します。

比較したいファイル(PDFまたはテキスト)を用意します。



2. Webブラウザーにアップロードしファイルを比較。

比較結果の表示方法、相違箇所の表示色、空白文字の取扱い、大文字・小文字の区別等比較方法を細かく制御することができます。



3. 比較結果をPDFでダウンロード。

追加箇所(例:青)と相違箇所(例:赤)を色分けしてPDFファイルへ出力します。



カスタマイズ


  • マーキング機能 / 常用漢字チェック
  • 組版の前後で適切なフォントに変更されているかチェック
  • 特殊な書式/フォーマットに特化したチューニングなど
  • ホットフォルダでの運用、WEBブラウザからの利用、システムへの組み込みなど


その他の機能


  • 対応しているファイル形式:PDF/テキストファイル(TXT)。
  • コマンドで実行可能。※1
  • 追加や削除、変更された文字について、それぞれ文字の色や背景色を指定可能。
  • 改行や改ページなど、文書の体裁にとらわれず比較可能。
  • Excelなどで作成された表に対して、行や列の構成を認識して比較可能。
  • 段組文書の構成を認識して比較可能。
  • 2つの文書の異なる箇所の一覧表を出力可能。※2
  • 2つのファイルの内容が一致した場合に、比較結果PDFファイルを出力しないようにすることが可能。※1

※1 サーバ版のみ
※2 一覧表は任意の形式で出力可能。
※3 画像比較機能(有償オプション)にて、文章中の画像も比較可能。



対応OS

  • Windows 7/8/8.1/10
  • Windows Server 2008(R2も対応)
  • Windows Server 2012(R2も対応)


関連製品




page top