新しい3Dツールセット Substance 3D Collection

Adobe Substance 3D Collectionとは?

ゲーム開発、映像制作、建築設計、アパレル、プロダクトデザイン、自動車と、あらゆる業界の制作の過程において必要となる3D素材を作成しアセットとして仕上げることのできるツール群です。

製品構成

Substance 3D Collectionには4つの主要なアプリ・サービスで構成されています。

Substance 3D Painter

3Dアセットのテクスチャ作成ツール
オブジェクトにマテリアルを適用し、風合いや傷み具合をリアルに表現します。

Substance 3D Designer

強力な3Dテクスチャ作成ツール
パラメータ制御できるプロシージャルマテリアルを生成できます。

Substane 3D Sampler

3D用テクスチャ作成・合成ツール
1枚の画像からCGで使用する様々な画像が生成でき、作業の効率化を実現します。

Substance 3D Stager

シンプルなレンダリングソフト
3Dモデル、マテリアル、ライティングを組み合わせて3Dシーンを構築し、バーチャルフォトの作成やレンダリングを行います。

※上記ツールに加え、3Dモデル/マテリアルが月に100アセット使用可能

活用シーン

3Dのモデリングやレンダリング、ゲームエンジンなど、3Dプロセスで使用する他のアプリでもSubstanceファイルを自由に扱う事が可能です。

SubstanceのSBSARファイルは、Autodesk Maya、Autodesk 3ds Max、Adobe Dimension、Unreal Engine 4、Unityなどで直接読み込み、加工、書き出しがおこなえます。

利用イメージ

AFTERの画像のように、何もない空間に壁やテーブル、椅子やパッケージなどのイメージを追加することができます。

  

上記のAFTER画像は、
・Samplerで壁とテーブルのテクスチャを作成
・Stagerにて3Dモデルを配置後、Samplerで作成したテクスチャを適用、環境光やパースを調整 といった方法で作られています。

価格

企業向けと教育機関向けそれぞれにプランがございます。 

企業・個人事業主向け
※Creative Cloudコンプリートプランとは別プランです
グループ版 エンタープライズ版
¥132,960/年(税抜)
¥333,360/年(税抜)
教育機関向け
※教育機関向けSubstance 3D Collectionはコンプリートプランに含まれます。単体プランでの販売はございません。
ユーザー指定ライセンス 共有デバイスライセンス 学生用ライセンスパック
¥44,160/年(税抜)
¥33,000/年(税抜) ¥14,160/年(税抜)

※高等教育(大学・専門学校)のみとなります。
教育機関向けライセンスの詳細はこちら