【外部レポート】CGならキャラクターも戦車もアセット(共有資産)で作れる! CGスタジオ5社が語るアニメーション新時代

CGならキャラクターも戦車もアセット(共有資産)で作れる! CGスタジオ5社が語るアニメーション新時代 「あにつく2017」で行われたセッション「CGスタジオ5社がアニメCGのいまを語る」では、グラフィニカ取締役の吉岡宏起氏、サブリメイションCGディレクターの須貝真也氏、サンジゲン取締役の瓶子修一氏、ポリゴン・ピクチュアズCGスーパーバイザーの長崎高士氏、ラークスエンタテインメントのCGディレクターの入川慶也氏が参加。終始和やかなムードの中、前後編の2回にわたって、CGスタジオから見たアニメCGの現場、そして今後の展望について語られた。 外部サイト(アニメ!アニメ!)に移動

関連記事

TOP
Tooへの各種お問い合わせ >>