[事例] 氷川隆介のアニメCG列伝第二回 株式会社サンジゲン『蒼き鋼のアルペジオ』

氷川竜介のアニメCG列伝 第二回
株式会社サンジゲン 『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』 (1/4)
「アニメづくり」に特化したCG表現がひらく可能性

2013年秋に放映され、大反響のもと現在再放送中のTVアニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』は、旧帝国海軍艦船に模擬した敵性生命体とそのメンタルモデルと呼ばれる美少女体が、人類を絶滅に追いこむという極限状況からスタートする。そして彼女たちが戦いを通じて次第に「心」を獲得して人間に近づいていくストーリー展開は、フルCG制作のキャラが堅さを克服して観客の感動を呼びこむという表現進化のプロセスとシンクロし、大きな話題を呼んだ。

この前人未踏の開拓を行った制作会社はサンジゲン。日本流のアニメ的な動きやルックを極めた2012年のフルCG映画『009 RE:CYBORG』で確立した方法論で、TVシリーズ全12話を回すという意欲的な挑戦である。手描きは基本的に使わず3DCGソフトでの制作で、いかに「アニメ」を実現するか。そのアプローチを3Dアニメーションディレクターの鈴木大介氏と同社代表の松浦裕暁氏にうかがった。

(インタビュー・構成 アニメ評論家 氷川竜介)

事例ページに移動

関連記事

TOP
Tooへの各種お問い合わせ >>