【外部レポート】【あにつく2016】手描きのキャラクターが3DCGになるまで ポリゴン・ピクチュアズが解説

【あにつく2016】手描きのキャラクターが3DCGになるまで ポリゴン・ピクチュアズが解説 9月25日、アニメ制作技術に関する総合イベント「あにつく2016」が開催された。セミナー「ポリゴン・ピクチュアズのセルルック3DCGにおけるキャラクターデザイン」ではキャラクターデザイナーの森山佑樹が登壇。 外部サイト(アニメ!アニメ!)に移動

関連記事

3ds Max 無料体験コースオンラインウェビナー

Maya無料体験コースオンラインウェビナー

kvizのレポートBookダウンロード

最近の記事

  1. 【動画配信】広告業のジェネラリストが使うOmniverse最新事情

  2. InterBEE2023 Tooブースの歩き方!

  3. 教育機関向けAutodeskアカウント作成とライセンス割当て、解除について

TOP
Tooへの各種お問い合わせ >>