KeyShot 11 リリース

KeyShot 11リリースのご案内

本日、KeyShot 11のリリースを皆様にお届けできることを嬉しく思います。KeyShot 11は、世界中のデザインプロフェッショナルが製品の視覚化をより利用しやすくすることを目的とした、極めて重要なリリースです。KeyShot 11の機能は、製品ライフサイクル全体を補完するために、製品ビジュアルの作成の各側面を合理化するという焦点を強化します。各機能と改善点は、マテリアルデザイン、情報管理、モーション、自動化、プレゼンテーションの分野で最も差し迫った製品開発のニーズを解決するためにユーザーと直接協力した結果を反映しております。

無限に拡大した視覚化の世界

KeyShotは、高度な視覚化オーサリングと、比類のない使いやすさを組み合わせることで、プロジェクト開発パイプラインの課題を解決し、あらゆる業界で主要な視覚化ツールになるために前進しました。
KeyShot 11は、人目を引くエクスペリエンスの作成、視覚化機能の次のレベルへの移行、詳細を探索する新しい方法の導入、アイデアの提示方法の拡張、3Dビジュアルの作成技術のバランスの実現の中核を成しています。

KeyShot 11は、これまでにない色とテクスチャを適用する3Dペイント、マテリアル情報を管理および整理する新しいCMF機能、KeyShotアニメーションを介して物理現象を作成およびキャプチャする物理シミュレーション、新しいヘッドレススクリプト機能を備えたワークフロー自動化、新しいKeyShotWebビューアを導入します。 また、KeyShotシーンをオンラインでアップロードして共有するなど様々な新しい機能を搭載しています。

Luxion 社のCEOであるClausThorsgaard氏が、このリリースについて次のように述べております。

「今後、サブスクリプションベースの機能とクラウド視覚化プラットフォームを通じて、お客様はKeyShotをさらに柔軟に利用できるようになります。」

「KeyShot 11は、Luxionの画期的なリリースです。過去1年間、私たちは開発から販売、サポートに至るまで、組織全体に多額の投資を行ってきましたが、中小企業と大企業の両方の業界のデザイナーが簡単に製品を提供できるようにする製品を構築するという、私たちの得意分野に焦点を当てています。今後、サブスクリプションベースの機能とクラウド視覚化プラットフォームを通じて、お客様はKeyShotをさらに柔軟に利用できるようになります。」

KeyShot 11機能のハイライト

では、KeyShot 11の主な機能をご説明いたします。また、今後もTips記事等で随時更新をしていきますので、是非ご確認ください。

3Dペイント

KeyShot 11には、新しいテクスチャペイントツールである3Dペイントが導入されています。このツールを使用すると、表面にテクスチャを直接ペイントまたはスタンプすることで、モデルの表面仕上げをさらにカスタマイズできます。3Dペイントを有効にすると、バンプテクスチャ、色、粗さ、鏡面反射性、屈折率、不透明度を直接ペイントまたはスタンプします。

3Dペイントは、独特の表面風化と緑青を作成するための非常に便利なツールであり、シーン内の任意の表面に摩耗マークを正確に追加することができます。この新機能により、レイヤー効果でリッチでリアルな外観を作成することもできます。


KeyShot 11 3D Paintを使用すると、ユーザーは調整可能なカスタムブラシを使用して、マテリアルの外観とテクスチャを適用およびレイヤー化できます。

材料管理とCMF出力

色、材料、仕上げ(CMF)は、製品の非機能的アイデンティティと特定の環境との関係をカバーする用語です。KeyShotはCMFプロセスの主要部分であることが多く、製品設計のレビュー段階でCMFオプションを簡単に変更および決定することができます。

このワークフローを合理化するために、KeyShot 11は材料管理とCMF出力の両方を追加します。この堅牢な機能セットは、各マテリアルに関するメタデータをサポートする拡張マテリアルライブラリ、カスタムスキーマビルダー、および設計用の既製の「テックパック」の簡単な出力を利用できるようにすることで、レンダリングされた出力を対応するマテリアルに揃える手動プロセスを排除します。


KeyShot 11は、強力な材料情報管理とCMF出力を組み合わせて、すべての材料のバリエーションをキャプチャします。

物理シミュレーション

物理シミュレーションは、KeyShot 11の新しいツールであり、オブジェクトの物理を記録して、それをキーフレームアニメーションとして適用できます。このツールは、完全にシミュレートされたアニメーションと、オブジェクトの散乱の精度を高めます。

シミュレーションは、個々のまたは複数のモデルセット、オブジェクト、またはオブジェクトのグループに適用され、パーツまたはグループ全体としてシミュレーションされます。重力、摩擦、弾力性を制御し、1秒あたりの時間、品質、キーフレームを調整することができます。


KeyShot 11の物理シミュレーションでは、KeyShotAnimationを使用して物理をすばやく適用および記録できます。

KeyShot Web Viewer

KeyShot Web ViewerはKeyShotWebモジュールの一部であり、KeyShot Cloudにアップロードすることで、KeyShotシーンを簡単に共有できます。単一のリンクで、ブラウザ、デスクトップ、モバイルデバイス全体のユーザーにインタラクティブシーンの共有をもたらします。

KeyShot Web Viewerは高度に最適化されており、Webブラウザやモバイルデバイスで3Dを表示するために、利用可能な最もリアルなビジュアルと最もスムーズなインタラクションを提供します。シーンまたはKeyShot Studioのマテリアルや環境のバリエーションを表示するには、WebViewerフライアウトメニューを使用します。その他の機能には、品質調整、モバイルフレンドリーなテクスチャオプションを含むテクスチャベイク、およびパスワード保護が含まれます。KeyShot Webサブスクリプションには10GBのKeyShot Cloudストレージが含まれています。


KeyShot Web Viewerを使用すると、ユーザーはKeyShotシーンをアップロードして、すべての素材や環境のバリエーションと共有できます。

ワークフローの自動化

ワークフローの自動化は高度な新機能であり、KeyShot Scripting Console(ユーザーインターフェイス付き)およびヘッドレススクリプトモード(ユーザーインターフェイスなし)を介してさまざまなKeyShotワークフローを自動化できます。アプリケーションには、レンダリング出力の自動化と製品バリエーションの生成の高速化が含まれます 。

KeyShot 11は、ヘッドレススクリプトでKeyShot Material Graphコントロールのサポートを追加するとともに、ヘッドレスモードで呼び出すことができる一連の関数を拡張します。Python 3.9.5へのアップデートにより、宣言される可能性のある147個の新機能と136個の新しい定数を含む、合計257個の機能が追加されました。


KeyShot 11ワークフローの自動化により、ヘッドレスレンダリングが実現し、マテリアルグラフやレンダリング出力などの一連の機能が自動化されます。

追加機能

KeyShot 11にあるその他の機能は次のとおりです。

  • 環境の明るさのアニメーション:KeyShot Animationを使用して、環境の照明の明るさを直接制御および調整します。
  • 変形可能なアニメーションのサポート:Alembicに加えてリグ付きアニメーションを含む.mc / .mcxキャッシュファイルとFBXファイルをインポートします。
  • 肌の色調:新しい肌の素材は、より幅広い肌の色調をKeyShot Material Libraryにもたらし、3Dモデルにドラッグアンドドロップします。
  • GPUカッタウェイマテリアル:人気のあるカッタウェイマテリアルがすべてのカッタウェイオプションを備えたGPUモードでサポートされるようになりました。
  • glTF / USDzの機能強化:KeyShot glTFおよびUSDzのエクスポートは、ファイルサイズを大幅に削減するためのインスタンス化のサポートにより最適化されています。

KeyShotサブスクリプションオプション

KeyShot 11のリリースに伴い、すべての新しいライセンスのサブスクリプション価格も導入されます。これにより、従量制モデルの前払いコストが削減されます。サブスクリプション期間は通常1年間で、その間にユーザーは以下を享受できます。

  • KeyShot Proにすでにあるすべての強力な機能とともに、年間を通じてリリースされるすべての更新された新機能。
  • 高度なツールとアニメーション機能により、ビジュアルをさらに活用し、群衆から目立つようになります。
  • すべての資産とライセンスの集中アクセスと管理を備えた、KeyShotのすべてのものの視覚化ハブ。
  • KeyShot Web Viewer(KeyShot Webモジュールが必要)などのサブスクリプション専用の機能へのアクセス
  • セルフサービスライセンス-ユーザーがKeyShotを実行しているマシンをアクティブ化および非アクティブ化できるようにします
  • KeyShotメンバーからのリモートデスクトップオプションによる一流の電話及び電子メールのサポート

KeyShot Proおよび関連するモジュールのサブスクリプションは、即時購入、請求、および1年ごとの更新が可能です。詳細については、KeyShotサブスクリプションFAQをご参照ください。

関連記事

TOP
Tooへの各種お問い合わせ >>